「Fender Custom Shop 60’S Stratocaster Relic」ギターレビュー!

スポンサーリンク
Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic

Fender Custom Shop 1960 Stratocaster Relic

このギターは僕のメインギターです^^

考えたらメインギターなのに、
レビューしていなかったので紹介しておきます。

スポンサーリンク

サウンドレビュー

このストラトは2006年製のもの、
試奏の多くもこのギターで行っています♪

僕が購入した時、
実は同タイプのものを数本弾きました。

でも、それほど個体差はなかったので、
見た目で(色、レリック加減)選んだ1本です^^

それと僕の中で
「ストラトらしい音がする!」と感じたギターでした^^

長年弾いていることもあり、
僕の中ではストラトサウンドの基準になっています。

この動画と同タイプのものですね。
いわゆるヴィンテージタイプのストラトです。

「FAT 50’S」や「Texas Special」など、
搭載しているギターと比べると…音に派手さはありません。

ちなみに搭載されているピックアップが、
直流抵抗値が「5.5kΩ前後」と低めなんですよね。

どちらかというと、ローパワー、
モダンなサウンドではないサウンドが特徴です。

嫌いではなかったのですが、
実はこのピックアップ、乗せ変えています^^;

Fender-Custom-Shop-1960-Stratcaster-Relic-body-cab

詳しくは後ほど紹介しますね^^

ネックグリップについて

ネックグリップはスリムなUシェイプです。

Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic ネック

この年代の「60’S」は、
比較的スリムなグリップのものが多い気がします。

僕は手が大きくないので、
かなり弾きやすいグリップでした^^

でも、太めのネックが好みの人には…
ちょっと握り応えが物足りないかもしれませんね^^;

ちなみにレギュラーラインである、
American Vintage ’59 Stratocaster
よりも細めに感じますね。

ただ薄っぺらい感じではありませんので、
僕の周りの人には弾きやすいネックグリップと好評です^^

塗装について

もともとレリック仕様だったのですが、
購入時はそれほどレリック加工はされていませんでした。

でも、長年弾いているうちに、
徐々に塗装が剥がれてきました(笑)

Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic neck back

ネック裏

Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic

エルボー部分

Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic

コンター部分

Fender Custom Shop 1960 Stratcaster Relic

ネックジョイント部分

さすがにヴィンテージギターのような、
塗装の剥げ方はしません^^;

でも現行品でも塗装は剥げていくんですね。

確かレリックシリーズは、
NOSシリーズなどに比べると塗装が薄いと聞きます。

剥げやすいのは、
そのためかもしれませんね^^

…で、もともとの音に、
大きな不満があったわけではありませんが、
このギターは色々いじりました(笑)

ヴィンテージストラトサウンドを求めてモディファイしてみた

弾いているうちにまずはじめに気になった点。

それはフロントピックアップの音が、
ちょっとモコモコして抜けが悪かった…
ぼやけていたことでした。

これはおそらくですが…
オリジナルのピックアップが、
一般的にイメージされる60年代前半、
中域がファットなストラトサウンドを狙っているためかなと。

あと僕が弾いたヴィンテージストラトと比べ、
どうしても音の密度やレンジが違うなぁ…と。

あとピックアップの音からしても、
せめてもう少し「わざとらしくない」、
ヴィンテージストラトサウンドを目指せないものか?

そこでパーツ交換や調整など色々試してみました^^

…で、最終的に、
オリジナルパーツから交換したのは、

■ピックアップ
→「NJS Classics Strat pickup Black Bottom 60」へ

■コンデンサー
→「Sprague セラミックコンデンサー 0.1mF 50V(Vintage)」へ

■アウトプットジャック
→1960年代のヴィンテージジャックへ

■ブリッジサドル
→「Fender Pure Vintage Saddle」へ

■イナーシャブロック
→「Fender Pure Vintage parts」へ

■ペグ
→「KEY’STONE FS-STD/NICKEL 6」へ

以上、6点です^^

ピックアップについて

NJS Classics Strat pickup Black Bottom 60

NJS Classics Strat pickup Black Bottom 60

ピックアップを交換したことで、
フロントピックアップの不満は解消されました^^

※ピックアップの交換履歴は、
おすすめのリプレイスメントピックアップ~ストラトキャスター用~」をご覧ください^^

この「NJS」ピックアップ、
フェンダーらしい鈴鳴り感もありますし、
ブリリアントでバイト感、芯もしっかり鳴ります。

あと各ポジションでのバランスも良い。
(センターがRWRPなのが惜しいところですが…)

ローゲインで変な癖もなく、
ピッキングニュアンスの再現性も高いので、
良い練習にもなります(笑)

他のピックアップに…
浮気しそうになった時もありましたが、
結局、戻っていますね。

オススメのピックアップですが、
国内の在庫がなかなかないみたいなのが残念ですね、、

それと確かこのピックアップ、
「Rocketfire Guitars」というところのもので、
海外での評価は高いそう。

見かけたら是非試してほしいです^^

コンデンサーについて

交換したコンデンサーは、
1960年代のスプラグ社製セラミックコンデンサー。

スプラグ社製セラミックコンデンサー

レプリカではなく、
当時のストラトに搭載されてた同じもの、
ヴィンテージコンデンサーです^^

このコンデンサーに変更したことで、
「音の曇り」が無くなった気がします。

あとはトーンを絞った時にも、
音にコシが残るようになった気がしました^^

”コンデンサーを変えても音は変わらない”

という人もいますが、
僕は変わると考えています^^

コンデンサーによって…
音がこもって聴こえることもありましたし^^;

オイルコンデンサーなども試しましたが、

僕の中でストラトなら「セラコン」がベストですね^^

ついでに言っておくと、
ボリュームポットにはスムーステーパーを入れています。

ただなるべく、
ボリュームを絞った時にわざとらしくなく、
良い感じに高域残るよう調整しています。

このスムーステーパーは市販品ではなく、
友人が製作してくれたものですが、
もし気になる人はお問い合わせください^^

アウトプットジャックについて

手に入る機会があったで、
興味本位で交換してみました^^;

聞いた話ですが、
ヴィンテージパーツを用いることで、
「イナタいサウンド」が得られると聞いていたからです。

…で、実際換えてみたところ、
大きな変化が得られた印象は弱かったかな…と。

その場で交換し、比べてなかったので、
実際は変化があったのかもしれませんが、
「うぉ~!変わった!」とまで実感はなかったです^^;

検証してみたところ…

現行スイッチクラフトジャックと比較すると、
音の硬さが取れ、やや中低域に寄った感じになり、
まとまりと音が落ち着いた印象がありました。

これは思っていたより…
出音に大きな影響を与えている要素かもしれません^^;

「Fender Pure Vintage Saddle」に交換

現行(2016年現在)の、
ヴィンテージシリーズに採用されているパーツで、

pure vintage saddle
機材提供:Thanks! bc183l

ヴィンテージサドルから採寸、
拘ってリリースされたパーツとのこと。

サドルを換えると音は変わることは、

検証済みですがオリジナルサドルより、

この「Pure Vintage Saddle」に換えることで、

僕の感覚では、
「Pure Vintage Saddle」に変えたことで、
音の散る感じがマシになったなと^^

また分離感、巻き弦のブリリアントさが
強調されてた気がしました。

あと替えたばかりだと、
ちょっとイナたい感じがなくなった、
とも感じられましたが、今では落ち着きましたね。

ちょっと違う気もしますが中域にグッと音が寄る、
この感じは…ヴィンテージストラトらしい気はしましたね。

ちなみに交換したばかりだと、
よくあるのですが…1~2弦が切れやすかったため、
サンドペーパーでバリ取りはしました^^;

イナーシャブロックも交換

サドル同様、イナーシャブロックも、
「Pure Vintage parts」へ交換してみました。

ボールエンドが浅いためか、
交換後はフローティング加減は弱くなりましたね。

なので、ブロック交換する前と同じに再調整し、
動画をとってみました。

落ち着いた、
やはり音が散らなくなったかな?と。

この音質の傾向は、
「Pure Vintage Parts」に共通しているかもしれませんね。

あとアームを装着しても、
ガタツキも気にならないため、

は使う必要はなくなるなど、
品質も上がっていると感じました。

「KEY’STONE FS-STD/NICKEL 6」に交換

これは楽器店「KEY」さんのオリジナルペグで、

KEY'STONE FS-STD/NICKEL 6

KEY’STONE FS-STD/NICKEL 6

このペグ、ゴトー社製のものですが、
ヴィンテージ同様のブラスシャフトを採用しているとか。

変化はスタジオなどで、
大きな音量で弾くと明白で、
明らかに低域の出方、発音が強調されましたね。

また、音が散る印象が軽減しましたが、
これはブリッジサドルを替えた時のほうが、
顕著だったと感じました。

結果的に「Pure Vintage Saddle」と相まって、
バランスが取れた気がしています^^

ここまでのモディファイをして結果的にどうだったか?

僕は満足しています^^

正直なところ、
ヴィンテージストラトとは音は違いますが、
出音のニュアンスは近づけた、当初、
狙っていたことは達成できたかなと^^

特に手に入れやすいもので、
変化に期待できるのが「Pure Vintage Saddle」ですね。

ギター本体の個体差もあるでしょうけど、
音の立ち上がりやレンジをあえて寄せるなど、
今よりも芯のある音が欲しいなら効果的かもしれませんね^^

あともう少しの追い込みができるこんなアイテムもある

ちなみに「もう少し音を太くしたい」
「音に分離感を持たせたい」という場合、
効果的なアイテムがあります。

それは「B.Air Swing Chip」というものです^^

「え?こんなモノで音は変わるの?

そういう人もいると思うので、
音を録ってみました( ´艸`)

これはブリッジハンガーに
取り付けていますが、

より音に密度が増し、
芯のある音になる印象がありません?

こういった、
あとほんの少しの追い込みができる…と。

ちなみにこの「Swing Chip」、
取り付けるギターによって効果は異なりますが、
ヘッド裏につけると音が太くなる時もあります^^

ペグやブリッジ、ピックアップ交換より、
かなり安価なのでおすすめしやすいアイテムですね。

セレクタースイッチでも音は変わる

最近のストラトの場合、
ハーフトーンがだせるよう、
5WAYスイッチが採用されている、
もしくは変更しているいる人もいるでしょう。

実はセレクタースイッチ、
「接点が少ないほうがピュアな音がするよ」
という話を聞きまして。

でもこれは僕自身、
3WAYスイッチのほうが音が太かった気がする…
とも少し感じてたんですよね。

そこで実際、
5WAYスイッチから3WAYスイッチに、
交換してみたところ、

結果、僕的には当初の思惑どおり、
より芯のある太い音になったと感じました。

ハーフトーンを使わない人なら、
一度試してみると面白いですよ^^

経年変化による音は変わる

購入当時、実はそんなに、、
「鳴っている」ギターではなかったんですよね^^;

ただ弾くこと数年、
鳴りは良くなってきていると思います^^

実は先日、
久々に友人と会った時に、

「あれ?このギター、生鳴りこんな感じだったっけ?」

といわれましたが、
僕自身も鳴りの変化は感じています。

現行品も捨てたもんじゃないな、
そう教えてくれたギターでもありますね^^

あとカスタムショップのギター、
マスターグレードシリーズ以降…
2000年以降のものは生鳴りの感じも変わったと感じています。

それとおそらくですが、
ギターとしてもクオリティが上がったなと。

もちろん、当たり外れはありますが、
良い固体に出会える機会が増えた気もしています。

マスターグレードシリーズや、
初期カスタムショップ製は人気がありますが、
僕はは2000~2009年頃のもの(※)をおすすめしたいですね^^

※2009年(それかもう少し後)頃に塗装が変わるのでその前ぐらい

余談

ここからはちょっとボヤキです…

”現行品のフェンダーは駄目だ”
”ヴィンテージにはかなわない”

なんていわれたこともありますが、
確かにヴィンテージと音は…違います。

でも、「駄目」なんてことは、
ないんじゃないかな~と思っています^^;

無論、僕もヴィンテージギターは好きです。

ですから、結局のところ、
「自分が好きな音」ならそれでいいんじゃないかな?と^^;

それとストラトって…

これ!という1本に出会うのが、
結構難しいギターじゃないかな、と^^;

そういったことも含め、
ストラトの魅力なのかな?なんて思ったりもしています^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す

コメント

  1. yoshi より:

    また失礼します。
    「これ!という1本」に出会えて良かったですね。
    はやりストラトは奥が深いギターだと思います。
    カメラでは「レンズ沼」と言う言い方をしますが、
    「ピックアップ沼」にはまりそうで、ストラトには手をだせません。
    年数を経るごとに、さらに良い音になっていくのでしょう、楽しみですね!

    僕は数年前にRS guitarworksのテレキャスを手にして「これ!という1本」に出会えました^^

    • efmaniac より:

      yoshiさん

      コメントありがとうございます^^

      ですね、僕もこのギターと出会うまで、
      数本のストラトを手放しました(苦笑)本当に奥が深いです^^;

      「ピックアップ沼」

      確かに存在しますね(笑)
      僕はだいぶんはまった口です^^;

      「これ!という1本」おめでとうございます!
      そしてRS guitarworks!知ってます^^

      僕もあそこのギターは好きな感じでした♪

タイトルとURLをコピーしました