「Rockbox Electronics Red Dog Distortion」レビュー

Rockbox Electronics Red Dog
Rockbox Electronics Red Dog

「Red Dog Distortion」は、
「Rockbox Electronics」の中で一番好みですね♪

実は「Red Dog Distortion」は、
以前のマーブル塗装のものも弾きました。

その時に購入を考えましたが、
ちょっと価格が高かったので購入を見送ったんですよね^_^;

見た目は前のほうがカッコよかったですが、
価格がグッと下がったのは嬉しいですよね^^

サウンドレビュー

僕が弾いた印象だと、
新筐体になっても音に大きな変化は感じませんでした。

それとコントロールは「Level」と「Drive」のみです。

「トーン」はないのですが、
よほどアンプ側での音作りが酷くなければ…

アンプは「JC-120」、
ギターはストラトでしたが、音も太く、
エッジの効いたカッコイイサウンドが飛び出してきました^^

プリアンプ的にも使えそうです♪

ツィード系ペダルといわれていますが、
「Way huge Red Llama」より、はるかに使いやすいです(笑)

Way Huge Red Llama Overdrive MkII
Way huge Red Llama

ゲインを上げても音は割れません(笑)

「Red Llama」のようなファズっぽさがなく、
スムーズなリードサウンドが得られます。

ただし、そんなにゲインは高くはありません。

ディストーションというよりは、
オーバードライブよりのペダルに感じました。

それと相変わらず、アンプライクなペダルで、
ボリューム、ピッキングに対する反応性は良いです^^

ただ、、以前弾いた時より、
ギターボリュームを絞った時の音に、
艶感、音の立体感に物足りなさを感じました、、

もう少し「プリンッ」とした、
クリーントーンがだせれば最高なんですが^^;

悪くはないんですけどね、、

僕は普段使っている、
「Jetter Gear」のペダルのほうが好みでした(笑)

ブースターとして使いたいペダルかも

個人的にはメインの歪みとしてより、
ブースターとして使うほうが良いと思いました^^

ブースターとして使うとなると、
アウトプットレベルも高く、ゲインも思うように付加できます。

このあたりの操作感も「Red Lluma」っぽい(笑)

何をブーストさせるかによりますが、
アンプはもちろん、歪みエフェクターの
ゲインブースターとしても使える印象でした。

太く、芯のある音でブーストさせたい

そんな方にはこの、
「Red Dog Distortion」は試していただきたいです^^

シンプルなコントロール以上に
活躍をしてくれるペダルだと思いますよ♪

created by Rinker
ROCK BOX ELECTRONICS
¥16,500(2021/08/01 19:02:47時点 Amazon調べ-詳細)

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Distortion
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました