「JHS Pedals Morning Glory」エフェクターレビュー!

JHS Pedals Morning Glory
JHS Pedals Morning Glory

「JHS Pedals」の中でも、
かなり人気の高いペダルで、
「Marshal Bluesbreaker」をベースに、

5倍以上のヘッドルームと
2倍以上のゲインを確保

したペダルとのことです。

スポンサーリンク

ペダルレビュー

各コントロールは、

  • Level(音量)
  • Tone(トーン調整)
  • Drive(歪み量)
  • bright cut switch(高域カット)

特徴としては「Drive」を上げると、
高域もグッと出るので、音作りにはちょっとコツが必要です。

この場合は「Tone」を下げるなど、
各ツマミを連動させた調整が必要ですね。

内部を見てみますと、

JHS Pedals Morning Glory 基板

こちらはいわゆる「V3」でハンドメイドです。

2016年以降生産のV4からはチップ基盤へ

2016年以降生産のV4からは、
チップ基盤になっているそうです。

チップ基板を嫌う人もいますが、
他のモデルでチップ基板を採用したものを
弾きましたが全然問題なかったです(笑)

あと電池は使えず、
外部からの電源供給なので、
電池派の人はバッテリースナップが必要ですね^^;

管理人
管理人

またV4になって外部ラッチスイッチでゲイン切り替えができるようになりました!使い勝手も良くなって…更に魅力的なペダルになりました^^

サウンドレビュー

試奏ギターはストラト、
そしてレスポールにアンプは「JC-120」。

弾いてみて思ったのは、
予想していたよりもそんなに歪まないなと^^;

シングルコイルギターでアンプがクリーンなら、
「Drive」MAXでも歪みはクランチぐらい。

↓これはストラト&Blues Jr.で撮ってみました^^

「Morning Glory」の元ネタはあのペダル

それとこの「Morning Glory」、
元ネタになっているのが、

Marshal Blues breaker

この「Marshal Bluesbreaker」といわれていますが、
「Morning Glory」はより出音がタイトで高域のハリ感が強い。

そんな印象をうけました。

…で、個人的にはもう少しだけ、
太さがあるほうが使いやすいかな?と^^;

「bright cut switch」「Tone」の使いどころ

「bright cut switch」、
「Tone」の調整次第である程度は解消されますが、
ちょっと線の細い音に感じる人もいるかもしれないなと。

ただ、レスポールだと丁度良く、
エッジの効いたタイトでバッキングに適した、
かっこいい音が作れますよ^^

あとコンプレッション感は少なく感じので、
僕の中では「Bluesbreaker」とは別物かなと^^;

強いて言えば、
サラッとした質感は「Bluesbreaker」っぽいです。

ピッキング・ボリュームへの反応性について

ピッキング・ボリュームへの反応性
ちなみに音の特性も相まって、
反応性はかなり良いです^^

そしてピッキングニュアンスもよくでます。
要は弾き手を選ぶペダルかも^^;良い練習になるペダルでしょうね^^

まとめ

アンプがクリーンだと、
ディストーションサウンドは難しいですが、
クリーン~クランチではかなり良い仕事をしてくれます。

あくまで僕の好みの話ですが、
ブルースブレイカー系のペダルって、
中域の張り出し感がなくて苦手なのですが、
この「Morning Glory」も「Drive」を上げていくと、
そういった印象を受けました^^;

でも「Drive」が2時ぐらい、
「bright cut switch」をOFF、
「Tone」を下げていくと、そういった不満はなくなりました^^

ちなみに僕はバッキング用としてだけでなく、
ブースター用としても使っています。

サラッとした音質のおかげで、
嫌味のないブーストサウンドが得られるからです。

ブルースブレイカーの中ではイチオシしたいペダルですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました