「Retro-Sonic Chorus Stereo Edition」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Retro-Sonic Chorus Stereo Edition

Retro-Sonic Chorus Stereo Edition

機材協力:Thanks! @bc183_l

この「Retro-Sonic Chorus Stereo Edition」は、
「BOSS CE-1」を再現したモデルとのこと。

一時はパーツの供給不足の関係か?
生産終了していたそうですがこちらは再販後、
ステレオ出力バージョンです。

ペダルレビュー

フットスイッチで、
コーラス・ヴィブラートの切り替え、
設定も各々に「RATE」「DEPTH」で調整可能、

Retro-Sonic-Chorus-Stereo-Edition_ctrl

あとアウトプットレベルを調整できる、
「Level」の小さなツマミも搭載されています。

シンプルなコントロールなので、
操作に悩むことはないはず^^

またLEDは「RATE」の設定に反応し、
点灯する仕様ですね。

あと出力もステレオ仕様になっていますが、
今回はモノラル出力で鳴らした印象をレビューします。

サウンドレビュー

「CE-1」系と聞いていましたが、
音出しした第一印象は、

「予想よりもアッサリした音」

だなと。

低域がスッキリと、
高域の煌びやかさが目立つといいますか。

ただどうもこれは…
生産時期によって音が違うそうですね。

これは初期モデルを弾いたことのある、
[Tone⁻¹]@chickensoboroさん曰く、
これほどスッキリした音ではないそうです。

確かに…

↓この動画が「CE-1」と初期型を比較していますが、

これを見てもらうとそう感じ取れますね。

ちなみに「JC-120」の、
コーラスとも比べてみましたが、
「Retro-Sonic Chorus Stereo Edition」は
やはり出音はスッキリした印象でしたね。

…で、僕の印象ではどちらかというと、
エグさよりは爽やかなアナログコーラス…
「CE-1」よりも「MXR Stereo Chorus」寄りな気もしました。

MXR Stereo Chorus

MXR Stereo Chorus

ただこの印象もモノラルで鳴らした印象で、
ステレオで鳴らした時は違うものかもしれません。

ちなみに手持ちの黒ネジ「CE-2」とも、

Retro-Sonic-Chorus-Stereo-Edition-and-ce-2

比べてみました。

「CE-2」と比較してみた!

率直に言うと音でいえば、
「CE-2」のほうが好みでした。

BOSS CE-2

BOSS CE-2

ちなみに僕は「CE-2」、
「CE-1」サウンド直系のペダルとして愛用しています。

ちなみに手持ちの「CE-2」は、
黒ネジタイプのもので銀ネジ期より、
スッキリとエグみは抑えられている印象を持っていました。

ただそれでも、
「Retro-Sonic Chorus」と比べると、
低域がしっかり出て、太く揺れる感じがあるな…と。

僕的には、

「アナログコーラスならこうあってほしい」、

という部分が、
「CE-2」のほうが勝っている印象でした。

まとめ

僕のイメージ的には、
「CE-1」のニュアンスが欲しければ、
初期の「Retro-Sonic Chorus」、
もしくは「CE-2」のほうが良いかも^^;

でもこの「Stereo Edition」も、
ディストーションと絡めて使った時、
クリアなコーラスサウンドを響かせつつ、
埋もれない音を作ることができます。

これはこれでアリ…要は使い様次第かなと。

あと仕様もトゥルーバイパス他、
現代的に使いやすさや拡張性は高いのは魅力でしょうね^^

ちなみに僕的には、
やはり「CE-1」系ならやはり、

「CE-2」の良さを、
再認識する良い機会になりました( ̄▽ ̄)

※「CE-2」レビューはこちら

なのでもし「CE-1」系なら、
新しく技シリーズとして発売される、
「CE-2W」を手に入れるのも一つかもと考えています^^

「CE-2W」を楽天市場で探す

「CE-2W」をAmazonで探す

「CE-2W」をサウンドハウスで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました