「Danelectro Cool Cat CF-1 Fuzz」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Danelectro Cool Cat CF-1 Fuzz

Danelectro Cool Cat CF-1 Fuzz

ダンエレクトロでも、
この「Cool Cat」シリーズ、
バージョン1は良いペダルが多いです。

この「Cool Cat」シリーズ、
有名ペダルのクローン揃いですが、
オリジナルサウンドに+αしたサウンド、
チューニングをしている印象があります。

この「CF-1」も元ネタは、
「Frantone Peachfuzz」だそうですが、
単なるクローンペダルではなさそうです。

友人が購入したものを弾かせてもらい、
感動したあまり、買ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

ペダルレビュー

筐体自体はプラスチック製でなく、
ダイカスト製?しっかりしています。

この「CF-1」ですが、
オペアンプベースのファズで、

Danelectro Cool Cat CF-1 Fuzz 基板画像

コントロールはシンプルに3つ。

Danelectro Cool Cat CF-1 Fuzz コントロール

3つのツマミとはいえ、
実に多彩な音作りが可能です。

また電池交換は裏蓋を外せばできます。

ちなみに「True Bypass」仕様だそうですが、

バイパス時の高域劣化など音痩せはあります。
でも僕的には嫌な痩せ方ではなかったです。

サウンドレビュー

冒頭にも書きましたが、
この「CF-1」の元ネタとなったペダルは、
「Frantone Peachfuzz」らしく、
比較した動画もありますが、

「CF-1」はオリジナルより、
抜けの良さそうなサウンドに、
チューニングされてるようですね。

ビッグマフでもベンダーでも、
ファズフェイスでもない独特なサウンド、
個性を感じたファズペダルでした^^

で、この「CF-1」の魅力の一つが、
アンプを選ばなさそうという点です。

Roland JC-40と、
OrganicSounds Scirocco、
ソリッド、チューブアンプで鳴らしてみました。

↓Roland JC-40

↓OrganicSounds Scirocco

クリーンアンプでも、
ドライブさせたアンプでも、
僕は使える印象を持ちました。

それと動画でも触っていますが、
セッティング次第ではファズとしてだけでなく、
ブースターとしても使うことができます。

あくまで主観ですが、
fuzz(ゲイン)が12時のあたりだと、
ムッチリしつつもバイト感のある、
メサブギーのような歪みにも感じました。

fuzz MAXですと、
グシャッと潰れたサウンドになりまして、
これまたカッコイイです( ̄▽ ̄)

またfuzzを下げると、
オーバードライブ的にも使え、
ギターVOLでクリーン、クランチサウンドも作れます。

3つのツマミは表記通りの効きをしますが、
各々を駆使することで色々な使い方ができちゃいます^^

「捨て音がない」

そんな印象のペダルでした。

まとめ

ファズペダルではありますが、
この懐の広さ、サウンド、操作性、
販売時の定価(5000円ぐらい?)からすれば、
コストパフォーマンスは素晴らしい…

これを教えてくれた、
友人に感謝しまくりです(笑)
(Thanks! @yamatyu0517 , @ConstipatedBeck

また海外では評判が良いみたいですが、
それも頷けるサウンドでした。

ちなみに「CF-2」といった、
多機能になった後継機もでているようですが、

どう違うのか?はまだ未検証です^^;

とにかく、この「CF-1」、
中古相場でも高騰しておらず、
コスパの高いペダルなので、
おすすめしたい一品ですね(*´艸`)

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました