レスポールピックアップ交換備忘録!オススメのヴィンテージ系ハムバッカーピックアップを紹介します!

スポンサーリンク

先日レビューしたレスポールの
ピックアップ交換したので備忘録的に書き留めておきます。

ベースになったレスポールは1997年製、
ギブソンレスポールクラッシック。

Gibson les Paul Classic 1997's

Gibson les Paul Classic 1997’s

オリジナルピックアップは496Rと500Tといった、
マグネットがセラミックのパワーの強いピックアップ。

よりヴィンテージライクなサウンドになれば…
と思い、ピックアップを交換してみました^^

スポンサーリンク

そもそもなんでこんなこと思ったかというと…

僕の場合、所有のリヴィエラ、

Epiphone Riviera 1968's Mod

Epiphone Riviera 1968’s Mod

(Vintage Dimarzio PAF搭載)から持ち替えた時、
違和感を減らしたかったからです。

セミアコとレスポールという、
ギターの違いはあるものの、フロントでも太すぎない、
カッティングにも使える音が欲しかったんですよね^^;

70年代レスポールを弾いた影響もあった

この考えは友人が所有する、
72年製のレスポール、さらには、
71年製のレスポールカスタムを弾いたことも大きかったです。

個体差もあると思いますが、
これら2本のギターに共通したのが、
フロントでも歯切れの良いサウンドが出せたということです。

年代も違うこともわかっていましたが、
そこを何とかしたくてまず、ピックアップを交換しよう!と思いました。

ピックアップのチョイスについて

ストラトほどではないですが、
レスポールもいくつかピックアップは試したことはありました。

「Seymour Duncan」

  • SH-1
  • SH-4
  • SH-5

「Fender」

  • Atomic Humbucker

「Dimarzio」

  • Super Distortion
  • Dimarzio PAF

↑所有のリヴィエラにのっています。

…で、今回は、
レスポールに詳しい方々の情報から、

  • 「Gibson 57 Classic」
  • 「Seymour Duncan Antiqueity」
  • 「Bare Knuckle Mule Pickups」

の3つに絞り込みました。

結果からいいますと、自分の好み、
狙いにそったピックアップは「Mule」でした^^

実はどのピックアップも、
オリジナルのピックアップより好みでした。

ただ「Mule」が決定的に違ったのが、

  • フロントピックアップでもこもらない
  • フロント・リアピックアップのバランスの良さ

ということでした。

ちなみに「57 Classic」「Antiquity」
共に直流抵抗値は7~8kΩと出力は弱め、
いわゆるヴィンテージ系サウンドを狙ったものですね。

「Gibson 57 Classic」について

ギブソンが1990年代、
PAFをイメージして開発したピックアップです。

Gibson 57 Classic

Gibson 57 Classic

1990年代であればヒスコレ、
最近であればレギュラーシリーズにも搭載されています。

今回弾き比べた三種類の中では、
一番元気のある音で、タイトでありながら、
低域はしっかりでるピックアップでした。

おそらく、一番オールマイティーに使えるのは、
この「57 Classic」かもなぁと思いました。

「Seymour Duncan Antiquity」について

アンティクイティは枯れたサウンド、

Seymour Duncan Antiquity

Seymour Duncan Antiquity

というレビューもみますが、
どちらといえば「イナたく鳴る」印象を受けました。

三種類の中では一番大人しめ、
落ち着いた音だった印象でしたが、
抜けの悪い音、というわけではなかったです。

ルックスはかなりカッコよく満足していました。

ただどうしても…
フロントピックアップの音が甘く感じた(※)んですよね^^;

※「SH−1」と比較してもそう感じるかもです

そしてそのためか、
リアピックアップがトレブリーに感じ、
出音のバランスが取りにくかったんです、、

またピックアップの高さを調整しても、
自分の理想に近づくことはできませんでした、、

ですので、これはギター本体の問題で、
どうしようもないのかな…と諦めていたのですが、
「Mule」が現状、抱えていた問題をクリアにしてくれたわけです^^

「Bare Knuckle Mule Pickups」について

「Bare Knuckle(ベアナックル)」は、
UK製のPAF系ピックアップで評判の良いことは知っていました。

Bare Knuckle Mule Pickups

Bare Knuckle Mule Pickups

この「Mule」はフロントピックアップでも、
ローエンドがタイトでハイミッドのバイト感は、
他の2種類とは異なるものでした。

正直、ここまでかわるとは思いませんでした^^;

この動画と同タイプのレスポールを
弾いたことがありますが元々はこんなに音は立たないんですよね。

ブリリアントでありながら、
ちゃんと肉付き感もある…ぼくはそんな印象でした。

それとやはり何と言っても、
フロントとリアピックアップのバランスが本当によかったです。

…というのも、
リアピックアップが僅かに中域をプッシュ、
ややファットにしたサウンドなんですね。

ちょっと癖のあるで音(※)なので、
人によって好みは分かれるかもしれません。

※ちょっとダンカンのSH−4(JB)っぽさも感じました

でもリアピックアップ側は歪ませて使う場合、
このぐらい中域はあったほうが気持ち良く弾けると思います。

全体的には割と元気な音なんですが、
耳に痛くない高域の出方をしてくれるのと、
イナたすぎないんですよね。

あとおそらくですが、
最近のギブソンレスポールを弾いている人だと…
すごく物足りなさを感じるかもしれません。

ただ、近年のファットな、
レスポールサウンドとは一味違った音が欲しければ、
「Mule」は是非チョイスしてみてほしいです!

楽天市場で探す

Amazonで探す

ただ一点だけ誤算が…

今回手に入れた「Mule」はオープンタイプ。

カバードにしたかったのですが、
市販品のものだとピッチが合わないとか^^;

そこで正規輸入代理店にも聞きましたが、
ベアナックルのピックアップカバーって別売りしていないんですよね、、

もしカバードタイプが欲しければ、
初めからカバードのものを買う必要があるので注意が必要です。

以上、長くなりましたが、
運良く中古で手に入ったのもありますが、
どうせ試すなら気になるものは全部試した!
そんな感じでした(笑)

コレだ!という音に行きつけた、
とにかく満足のいく結果が得られて良かったです。

すこしでもピックアップ交換の参考になれば幸いです^^

コンデンサーも交換してみました

ピックアップ交換で満足していたんですが、
せっかくなので、コンデンサも変えてみようと。

色々と手に入れて試してみましたが、

レスポール用コンデンサ

結果的に落ち着いたのは、
フロンとにコーネルダブラーのグリーニー、
リアにバンブルビーでした。

値はフロントが0.001、
リアが0.022といったもの。

特にグリーニーは出音もスッキリしながら、
密度のある音がする印象でしたので、
できればリアも変えてみたいなと考えています^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました