「Vivie Wild Cat」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Vivie Wild Cat
「Vivie Wild Cat」 機材協力:Thanks! Vivie

こちらのペダルは「Vivie」という、
新しいエフェクターブランドさんとのこと、
今回、レビュー依頼をいただきました!

スポンサーリンク

ペダルレビュー

コントロールは「Gain(歪み量)」、
「Level(音量)」「Tone(トーン調整)」、
そして筐体サイドにプレゼンスのON/OFFスイッチです。

Wild Cat EQ

どのツマミも効きがわかりやすいので、
音作りに困ることはないんじゃいかなと。

中身を見てみましたが、

Wild Cat 基板

結構な作り込みです^^

シールを剥がすと保証外みたいですが、
僕は剥がしたくてウズウズしました(笑)

サウンドレビュー

「Vivie」さんの説明によると、

超ローゲインなクランチが欲しい場合、ドライブペダルのゲインを下げていくと一般的な歪み回路の性質上どうしても音がこもったり、ジリジリという倍音の歪み成分が浮いて聞こえます。WildCatはローゲインの歪みに特化し、ほぼクリーンからローゲインオーバードライブまでをスムーズに調整できるペダルです。

といった感じのペダルとのこと。

この説明からすると、
あまり歪まないペダルかな?と予想していました。

しかし実際のゲインレンジは、
シングルコイルギターなら、
クリーン〜オーバードライブぐらい。

ハムバッカーギターなら、
クランチ〜ハードオーバードライブといった感じで…

正直、予想していたよりも、
結構歪むな、という印象でした(笑)

個人的にはゲインを最小にした時でも、
もう少し歪まないほうが良かったなぁ…
とは思いましたが、一台で幅広い、
ドライブサウンドをカバーできることはメリットだとは思います。

あとプレゼンススイッチですが、
極端な効きをするのではなく、
やや「きらびやかさ」を足してくれます。

「もうちょっと、ほんの少しだけ音抜けをよくしたいな」
なんて時には効果的でしょうね^^

歪みのキャラクターについて

ザラつきがあって硬質な感じの歪みです。

サウンドキャラクターの第一印象は、
「BOSS SD-1」っぽさを感じましたが、
より低域に迫力がありますし、どこかでクリーンな音が鳴っている印象です。

回路的にはわかりませんが、
クリーンMIXしているような感じを受けました。

あとザラツキ感でいえば、
メジャーどころで「BD-2」を思い浮かべますが、
よりコンプ感、高域〜中域に太さとバイト感があるかなと。

動画もアップされてますが、

ギターやアンプを選ばず使いやすいペダルじゃないかなと思いました。

僕は使いやすさも含め、
結構好きな感じのペダルでした^^

それと「Vivie」さんのペダル説明にあるように、
バッキングプレイには使いやすいと感じました。

あとこれは狙ってのことだと思いますが、
抜け過ぎない音だな、とも思いました。

音がダイレクトすぎると弾きにくいですが、
気持ち奥まるような感じがあるので、
バンドアンサンブルの中でも馴染みやすい音に感じました。

ピッキング、ボリュームへの追従性について

ピッキングニュアンス、
ギターボリュームに対して、結構良い感じに追従してくれます。

ゲインコントロールも、
シングルコイルギターであれば、
ゲインMAXからでもボリュームを絞ればクリーンになります。

またハムバッカーギターでも、
クランチぐらいにセットした状態なら手元でスッとクリーンになります。

またボリュームを絞った時、
コシ、きらびやかさも残ってくれますね。

ただ、僕が普段使っている、
Jet Drive」や「COT50」と比べると、
レスポンス、音の生々しさでは劣るかな…というのが正直な印象でした^^;

しかしこれは…価格帯からすれば、
比較するのがおかしい話ですし、
そこまで癖付け感がないという点はメリットかもしれませんね^^

まとめ

原音に絡まる歪みで、
過度に帯域を強調することがないので、
アンプサウンドに+αの感覚で歪みを付加してくれるペダルかなと。

音に分離感もありますし、
弦音はしっかりなる感じの歪みがほしい人には、
マッチするんじゃないでしょうか^^

管理人
管理人

最後に今回、レビューリクエストくださったVivieエフェクターさん、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました