「T-rex Luxury Drive」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

T-rex Luxury Drive

この「T-rex Luxury Drive」、

「単純さ、耐久性、最高のトーン」を
基本にしたクリーンブースター

というコンセプトで作られたブースターペダルとのこと^^

かの「Gary Moore」氏の足元にもあった、

それが「T-rex Luxury Drive」です^^

サウンドレビュー

コントロールは見てのとおり、
いたってシンプル^^

「Level」のみです(笑)

「Level」はゼロにしても、
音量はゼロにならず、グッと音量が上がります。

そして「Level」を上げていくと、
徐々にゲインも上がっていき、、
フルにすると音は割れます(笑)

でもこの音量・ゲインの上がり方、
これがまたなかなか良い感じなんですよ。

特に音量の持ち上がり方は他になかなかないかも。

ブースターペダルを歪みぺダルの前に繋いでも、
なかなか音量が上がらない時があります。

でもこの「Luxury Drive」の場合、
音量が上がるんですよね^^

音質は確かにクリーンブースター系ですが、
原音に素直な、ピュアなタイプというわけでなく、
アグレッシブなサウンドです^^

フルレンジブースターっぽさもありますが、
低域が出すぎず、ハイミッド中心に持ち上がり、
コンプレッション感もそれほど付加されません。

弦を弾いた時のニュアンスはよくでますし、
音も太くしてくれます。

この「Luxury Drive」、
エフェクターやアンプの歪みを
プッシュすることを目的とされているそう。

この手のペダルでいうと、

といったペダルもありますが、
シンプルな仕様で手軽に音決めができ、
音質、音の方向性も僕好みの感じでした^^

これはバンドリハで使ってみたいと思い、
早速エフェクターボードに組んでみました(笑)

T-rex Luxury Drive

良い感じに納まりました^^

あとこの「T-rex Luxury Drive」、
現在生産していないそうです。

でも、いまだに楽器屋さんで、
特価品で売られていることがあります^^;

う~ん、、良いペダルだと思うんですけどね、、

またこの「Luxury Drive」、
「T-rex」で発売される前にも存在していて、
エンジニアの「ティム・ヤニック」が主宰する、
「T.C.Jauernig」から出ていたそうですね。

海外では売れられているんでしょうね(笑)

↓「T-rex」と「T.C.Jauernig」の比較動画です

「T.C.Jauernig」ではハンドメイドだったのに対し、
「T-rex Luxury Drive」の内部を覗くと、

T-rex Luxury Drive 基板

こんな感じ。こちらはチップ基板です。

でも、動画を見てもそこまで、
音は変わらない気はしますし、実際に、
2機種を比較したことがある人にも聞きましたが、
大差はないそうです(笑)

そういえば、こういった、
表面実装チップのエフェクターでいうと、
Seymour Duncan Pickup Booster SFX-01
もそうでしたが、結構良い音するんですよね♪

気分的にチップ基板だと、、
ゲンナリする人もいるかもしれませんが、
音には関係ないですね(笑)

で、

この「Luxury Drive」が、
「T.JAUERNIG ELECTRONICS」名義で
「Luxury Overdrive」として、
復活しているみたいですね^^

詳しくは代理店のモントルーさんのHPにありますが、
仕様が変わっています。

フットスイッチが2個になり、
クリッピング切り替えの追加などなど、
より幅広い音作りが可能になっていそうです。

このニューバージョンも、
機会があれば是非、触ってみたいですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました