「Dr.Green by Hayden The Hairy Tongue」レビュー!

「Dr.Green by Hayden The Hairy Tongue」
エフェクターレビューです^^

Dr.Green by Hayden The Hairy Tongue

「Hayden」はイギリスの有名な、
アンプメーカーだそうで、その「Hayden」が絡んだ、
「Dr.Green」が発売しているファズペダルが、
「The Hairy Tongue」というわけですね。

このペダル、僕が行きつけの
楽器屋店長さんの紹介で知りましたが、
それがなければ、弾くことはなかったかも、、

でもこのペダル、
本当に弾けて良かったペダルでした♪

サウンドレビュー

「The Hairy Tongue」ですが、
この価格帯、実売価格が15,000円を切る、
ファズペダルの中では、、

トップクラスのクオリティかも^^

僕は弾いた瞬間に予想外すぎて、
「おぉ!」と声を上げてしまいました(笑)

ツマミは「Volume」「Fuzz」のみ。

「Volume」は音量、
「Fuzz」はゲイン量を調整します。

触ってみた操作感からすると、
「Fuzzface」系のファズペダルっぽさを感じました。

でも、一般的な「Fuzzface」系に比べると
「Volume」「Fuzz」の効きが実に使いやすく、
扱いやすいペダルです^^

・・・といいますのも、
「Volume」はアウトプットレベルが高く、
「Fuzz」はクランチ~ファズまでスムーズに、
ゲイン量が変化していきます。

さらに「Fuzz」をフルにした状態で得られる
ファズサウンドも減衰音がブチブチした音ではなく、
減衰音も滑らかなタイプですね^^

「Fuzz」の調整次第では、
ちゃんと使えるクランチサウンドが作れる
こういった仕様って、なかなか珍しいと思います^^

それと何といっても、
「Fuzz」をフルにした状態から、
ギターボリュームでゲインコントロールした時、
クリーン~クランチ~ファズの変化が、
非常にスムーズなんですよ。

特に、クリーン~クランチサウンド、
太さもあり、煌びやかさも感じる音で、
驚くほど良かったです^^

「JC-120」との相性も良く使いやすい

そしてさらに驚いたのが、「JC-120」でも、
クリーン~クランチが使える音がするんですよね^^

例えば、ファズフェイス系のペダルで
最近弾いたものをいいますと、

がありました。

どちらも良い「Fuzzface」系ペダルなんですが、
「JC-120」だと本領発揮できないんですよね、、^^;

そもそもこの手のペダルを使うなら、
「JC-120」は使わず真空管アンプを使うもの!
だと思っていましたが、この「The Hairy Tongue」で、、
その考えが覆されました(笑)

これは「The Hairy Tongue」自体、
芯に太さがある音がするからかもしれません。

それにしても「JC-120」でこれだけ使えるなら、
マーシャルなどの真空管アンプでも期待できますね♪

あとさらに「JC-120」のに搭載されている、
「Distortion」を入れてあげると、
なお良い感じになりますね^^

まとめ

いや、本当に良いペダルに出会えました^^

今回「The Hairy Tongue」を紹介して下さった、
店長さんに感謝ですね^^

ちなみにこの「Dr.Green by Hayden」、
他にコンプレッサーやベースファズなどもあります^^

「The Hairy Tongue」の出来栄えからすると、
かなり期待できるかもしれません♪

機会があれば是非弾いてみたいと思います^^

Hayden / The Hairy Tongue Dr. Green Pedals ファズ
管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上!「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー!レビュー依頼も随時受付中です!

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/



Fuzz
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました