「JIM DUNLOP FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix」エフェクターレビュー!

「FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix」レビューをおおくりいたします^^

FFM3

「FFM3」はいわゆるジミヘンファズ、
シリコントランジスタ「BC108」のファズフェイスです。

この「FFM3」を弾くにあたり、
「FFM1」と「FFM2」とも比較しました。

スポンサーリンク

サウンドレビュー

3機種を弾き比べている動画がありました^^

↓この動画はジョージ・トリップス氏が説明しています。

いかがでしょうか?

僕が弾いて、一番バランスがよかった、
好みだったのが「FFM3」でした。

「FFM3」が良かったと思った点は、

  • 低域が暴れすぎない
  • ゲインレンジ
  • ギター側でのゲインコントロール

です。

低域の出方が違う

低域がでていると迫力があると感じるので、
ギター1本で弾いているといい感じに聴こえても、
バンドアンサンブルの中だと使いにくい、、、
メンバーに嫌がられること、あったりしません?

この「FFM3」が一番、今回弾いた3機種、
「FFM1」「FFM2」「FFM3」の中では、
低域が大人しかったです。

ですので「FFM3」がアンサンブルの中でも、
馴染みやすいと感じました。

スッキリした音ですので、
ローの効いたファズサウンドが好きな人には
物足りないかもしれませんが^^;

ゲインレンジ

歪みの量は3機種中ちょうど真ん中ぐらいです。
歪み量の多い順に並べると・・・

FFM2>FFM3>FFM1

といった感じ、
「FFM2」が一番歪みました。

でも個人的には、
「FFM3」ぐらいの歪み量があれば十分かなと(^^)

ちなみに「FFM2」が
一番野蛮な感じに歪みます(笑)

「FFM1」はいかにもファズフェイス!
といった感じの歪みでゲインは低めです。

ギター側でのゲインコントロール

ファズフェイスの魅力の一つ、
それはあたかもプリアンプ的に
使えるところではないでしょうか。

手元、ギターボリュームを駆使することで、
自在にゲインコントロールができますよね!

↓後半でギターボリュームを絞ってみました^^

クリーンにもなれば、クランチトーン、
そしてファズ、1台でカラフルなサウンドがだせます。

そして「FFM1」「FFM2」「FFM3」はいってみれば、
ファズフェイスなので、ゲインコントロールは自在にできます。

ただ、ギターボリュームを絞った時の
歪みの増減加減、音は違います。

3機種の中でギターボリュームを絞った時、
クリーントーンが太くて温かみのある音だったのは
「FFM1」でした。

ただ「FFM1」はボリュームを絞っていくと、
ファズサウンドからクリーンに変化しちゃうんですよね^^;

アンプをクランチ程度に歪ませて使えば、
すごく良いかもしれませんね^^

その点「FFM2」はゲインがスムーズに
落ちていきますがちょっと音が濁っている、
そんな感じがしました。

一番ワイルドな音なので、
リードプレイでガツンと踏むのが良いかも。

「FFM3」はファズフェイス初心者にもおすすめ!

「FFM3」はとにかくバランスが良い、
「クリーン」「クランチ」「ファズ」の
サウンド変化が一番楽しめます^^

この価格帯でこのクオリティー、
初めてファズフェイスに挑戦する人にもおすすめです。

ちょっとハイ上がりな感じもしますが、
それはシリコン系ファズフェイズ。

気になるようであれば、
ギターのトーンを絞れば大丈夫かと^^

あ、大事なことを言い忘れていました、、
アンプはJC-120よりもチューブアンプが良いです^^;

しかしジョージ・トリップス氏が絡んでから、
「JIM DUNLOP」は良いものを世に送り出していますね^^

これからも期待です^^

JIM DUNLOP / FFM3
JIM DUNLOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました