「Ibanez WH10」レビュー!ジョンフルシアンテ愛用のワウペダル

「Ibanez WH10」といえば、
ジョン・フルシアンテ氏の使用で知られ、
インダクターレス、位相反転しないワウですね。

僕も「Ibanez WH10」はお気に入りのワウでして、
エフェクターボードからほぼ外れたことがありません。

所長のジョンフルシアンテを意識したエフェクターボード
ジョンフルシアンテ意識のエフェクターボード(魔法の箱研究所)

僕が「WH10」を使い始めたきっかけ、
ベタですが…レッチリのジョンが好きで使い始めました(笑)

やっぱりカッコイイですよね^^

今でこそ再販されたこともあって、
中古相場も少し落ち着いてきた印象がありますが、
プレミアがついて、70,000円ぐらいで売られていたことも^^;

所長
所長

たしかジョンがレッチリに復帰後、「By The Way」か「Stadium Arcadium」を出した頃だったような…懐かしいです…

今回は複数台の「WH10」、
そして「WH10V2」との比較もしながらレビューします!

ペダルレビュー

筐体はとにかくチープ。

プラスチック筐体ですので体重をかけて踏むと「割れます」。

僕もヘビーユーズしていた時は何回も割ってしまい、
そのたびに補修、補強して使っていました(笑)

ピックで補修したり…とにかく割れやすいのも特徴です(笑)

筐体サイドにはON/OFFを視認できるLED、
ギター、ベースモードの切り替え用スイッチ、
ワウの効き具合を変えられるツマミがついています。

電池も外部電源(センターマイナス9V)にも対応。

電池交換の際、アースを取っている配線が、
断線してしまう可能性があるので注意が必要です。

所長
所長

僕は知らずにブチ切ってしまったこともありました^^;

サウンドレビュー

このアイバニーズワウの特徴といえば、
「音が太い」「音がデカイ」といった点でしょうか。

アンプがクリーンの状態で、
エフェクトをONにすると軽くブーストできるほど!

独特のサウンド、特に歪みと組み合わせた時、
ジュワーと唸るサウンドは「WH10」特有のものかと。

この感覚はなかなか他のワウにはなく、
後期ブラック筐体よりも前期グレー筐体の「WH10」に見られる特徴です。

前期グレー筐体と後期ブラック筐体では音が違う

ibanez WH10
Ibanez WH10 ブラック筐体&グレー筐体

このブラック筐体とグレー筐体の2タイプ、
実は音が違いまして、「音が太い」「音がデカイ」
「独特のジュワーっとした音」は前期グレー筐体の特徴です。

前期型グレー筐体のサウンド

後期ブラック筐体の「WH10」はというと、
いわゆるワウらしい、トレブリーなサウンド傾向にあります。

後期型ブラック筐体のサウンド

でエグさを求めるのであれば、前期グレー筐体。

ワウらしいサウンド、使い方をしたければ、
後期ブラック筐体の「WH10」を選ぶと良いでしょう。

ちなみに友人所有のものをあつめ、
複数台の「WH10」も弾き比べもしてみました。

Ibanez WH10

個体差はありました^^;

例えば、グレー筐体の「WH10」でも、
割と大人しいものがあったのは意外でした。
(それでもブラック筐体の「WH10」よりもエグさはありますが)

ただどれもグレー筐体期のWH10らしさはありました。

また僕自身、壊れた時のことも考え、
バックアップ用にグレー筐体の「WH10」を所有しています。

やはり個体差はありますね(笑)
ジュワーとした感じが弱いものもあれば、
低域のうねりが強い個体(ベースモード寄りなサウンド)など。

ポットの調整で好きな個体に
音を寄せれる場合もありましたが、
もうこうなると…あとは好みかな…と感じました(笑)

WH10の音痩せが気になる人へ…こんな改造もあります

「WH10」ですが音痩せはします。
バッファー内蔵とはいえ、良質なバッファーではないですね^^;

特にトゥルーバイパス仕様のワウを
普段使っている人には気になる点かもしれません。

ぼくも音痩せは一時期、気になった時がありました。

この時、僕は「ROOT20」という工房で改造してもらいました。

改造はワンオフもので、
「ミレニアムバイパス方式」モディファイをしてもらいました。

実は「WH10」、単純にトゥルーバイパスに
モディファイされた個体も弾いたことがありますが、
「WH10」の持つ独特なサウンドを感じられなくなっていました、、

この経験からモディファイは諦めていましたが、
ROOT20さんに相談、オリジナルのサウンドも許容範囲内で改造してもらいました。

「WH10」のバイパス音が気になる人は相談してみても良いかも^^

所長
所長

僕がこのモディファイを依頼したのは2010年頃…今はモディファイされていないかもしれません…こういうモディファイもあるよ、ということで記録しておきます。

「WH10」と「WH10V2」はどう違う?比較してみた

既に言われていることですが、
「WH10V2」のメリットは筐体の強度、
しかし音は…オリジナル「WH10」とは違うと感じました^^;

僕が「WH10」で一番好きだった、
踏み込んでいった時のジュワーという感じが弱かったんです。

もしかすると「WH10V2」も個体差、
もしくはポットの調整で出音を変えることができるかもしれません。

ただ、オリジナルに近づける
モディファイをしている工房もあるので、
やはり「WH10」と違うと感じる人が多いのでしょう。

【中古】Ibanez / WH10V2

そして最新のバージョンは「WH10V3」。

オリジナルWH10と比べると、
ジュシーさというかコクはやや弱い気もしますが、
これはこれでアリなワウに感じますね!

そして、この「WH10V3」ではトゥルーバイパスモードもあります。

前述したバイパス音の音痩せが気になる人なら、
ワウサウンド次第ですが、この「WH10V3」は一択かもです!

created by Rinker
Ibanez(アイバニーズ)
¥11,800(2021/10/19 17:01:08時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

僕は「WH10」のワウサウンド、
本当に踏み込みしていった時のニュアンスが好きです^^

この感じ…なかなか他のワウではだせないんですよね^^;

またワウとしては珍しく、
エフェクトONにしても位相反転しません。

位相反転しないのも「WH10」を使う理由の一つですね。

残念なのが「WH10」、
筐体の強度がないので壊れやすいこと。

また筐体以外にも故障例として、
ピジョンノイズといった鳩が鳴くような
ノイズが出てしまう場合もあります(僕も一台鳴ってます)。

中古相場にもよりますが…
あと複数台ストックしておきたいところです^^;

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Wah
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました