「Mad Professor LGW(Little Green Wonder)」レビュー!

「Mad Professor LGW(Little Green Wonder)」エフェクターレビューです!

Mad Professor Little Green Wonder

このペダルは一時期メインで使っていました^^

TS系とはいわれていますが、
圧倒的に低域が出ますし、コンプレッション感が少ない。

ちょっとTS系とは別ものな気がするペダルですね。

サウンドレビュー | 特徴&おすすめセッティング

このペダルの最大の特徴は「BODY」のツマミでしょう。

このツマミの調整で音のキャラクターを変えれます。

左に回しきると、
一番ローが強調されたサウンド。

真ん中あたりで一番中域が強調されたサウンド。

右に回しきると高域が強調されます。

ただし中域は削られませんので、
ギターサウンドにとって、美味しいポイントが
消えない点は優秀だと思います。

所長の環境で弾くとこんな感じ

ただ反面、どこか…
フィルターがかかったような感じがするため、
ここは好き嫌いが分かれるところではないでしょうか。

あとマーシャル系のニュアンスも感じますが、
LEDクリッピングに緑色LEDを使用しているなど面白いペダルです。

それとピッキングニュアンス、
ギターボリュームへの反応も良いので、
プリアンプ的にも使用出来るアンプライクなペダルです。

ギターボリュームを絞った時のクリーントーンは、
カラッとしたサウンドではなく、ウェッティーでダークです。

それはこのブランドの、
サウンドカラーでもあるといえるんでしょうね^^

あとノイズは少ない、なかなかのものです。

アウトプットボリュームのレベルは高いので、
ブースターとしても使用は出来ますし、この時も、
「BODY」のツマミが効果的に働きますね。

ダウンチューニングにも最適!

「Little Green Wonder」は、
「ローミッドの押し出しが強く」て「太い」
サウンドが特徴ですが、「コンプレス」、
やや「硬質な音」でもあるので、
弦鳴り感もきちんと出すことができます。

やはりスタジオで実際鳴らしてみた印象として、
その感覚は間違っていませんでした。

その時に珍しくダウンチューニングでプレイしてみましたが、
ローミッドがしっかり出ているのと、コンプレスで音も硬め、
輪郭もクリアな音ですので音が埋もれませんでした。

ダウンチューニングでプレイされる方で、
音を前に出したい、存在感ある音にしたい、
そう思っている方には試してほしいと思いました^^

LGWだけでゲインが足りないと思う方は、
LGWの前段、もしくは後段に他の歪みペダルを組み合わせれば、
解消されると思いますし、比較的、他のペダルと組み合わせても、
マッチングが取りやすいのもLGWの良いところです。

所長
所長

ただ・・・相変わらずベースの帯域とかぶりそう(苦笑)ローミッドはしっかり出るな~と。ベースの音作りとバランスを取る必要がありますけどね(-_-;)

何年ぶりだろう…久々に弾いてみて。

先日コメントにありまして、
Mad ProfessorのLittle Green Wonderは最近使っていないの?
ということから、ちょっとLGWをひっぱり出して弾いてみました。

LGWは発売後購入し、ずっとメインの歪みでした。

所長
所長

音のキャラクターは違いますが「okko diablo」、シゲモリのペダルに引導を渡したのはこのLGWでした。

そんなLGWを使わなかったのは嫌いになったのではなく、
バンドアンサンブル内でちょっと使いにくくなったからです。

どういうことか?といいますと、
LGWはかなりレスポンスがよく、コンプレスなサウンド、
とにかくローミッドがでます。

コンプレスな歪みは他にもあるでしょうけど、
TS系に属するペダルの中ではコンプレッションは弱く、
音が早い部類に入ると思います。

久々に弾いてみて思いましたが、やはり上記印象は変わらず感じました。

所長
所長

とにかく音は太いんですよ、暑苦しいぐらい(^^;あと原音に忠実なタイプではないですね、このコは(笑)

太さ+空気感のようなものを付加しますので、
その感じが「アンプを選びにくい」「アンプ的な」ペダルと感じるのかもしれません。

感覚的には「エッジがとれ、温かみのあるトーンに変える」といったところでしょうか。

ペラペラの音であっても太いサウンドが得られますので、
この過度ともいえるサウンド変化を良しとしない方は・・・嫌いでしょうね(苦笑)

ちなみに、「BD-2/Super」と比べたんですが、そう感じました。

所長
所長

BD-2/SuperもオリジナルのBD-2に比べ、細くカリカリした部分が改善されているので、太さ、肉厚感はあるのですが、LGWの場合はそれ以上に太い音なんです。

ですからそこがちょっとアンサンブルの中では使いにくい、
と感じる時もあるんです。特にギターが2本ある場合だと尚更のことです、、

音の太さもどちらかというと、巻き弦あたり、4~6弦あたりの太く音がでます。
ちょっと1~3弦の音はそれに比べると細いように感じます。

そういった特性からすると・・・もっと中域~低域で太い音がだしたい!欲しい!
そう感じている方にはLGWは良いチョイスといえると思います。

あ、それからゲインブースターとして使うと良いすよ!

ぶっとく適度なコンプレッション感を得ることができますので、
かなり気持ちの良いリードトーンを得られます。

所長
所長

次回のスタジオでブースターとして使ってみようかな?と思わせてくれました(^^)v

まとめると、「太い音が欲しい」、
特に「巻き弦の音に太さが欲しい」方にはおすすめしたいですね!

まとめ

個人的には右に回しきった時、
トレブルブースター的な使用が一番好きです♪

アンサンブルの中でも「太く抜ける」サウンドが作れます。

この感覚は是非試して欲しいですね!

もし一台だけもっていくとしたら、
どんなペダルをもっていく?と聞かれたら、
このLittle Green Wonderは間違いなく候補に挙げます。

created by Rinker
MAD PROFESSER
¥19,148(2021/08/02 11:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに廉価版のLittle Green Wonderはどうなのか?
違いを聞かれることもありますが、大音量で鳴らすと違いは顕著、
しかし、基本的な音の傾向は似ています。

ですので、僕的には廉価版(PCB版)でも良いとは考えています。

野太いサウンドが欲しい方には、おすすめしたいペダルですね!

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました