「D.A.M Sonic Titan ST-07 Matt Black」エフェクターレビュー!

D.A.M Sonic Titan ST-07 Matt Black

この「D.A.M Sonic Titan」、
結構アンプを選ばないんペダルなんですよね♪

JC-120でもマーシャルでも、fenderでも卒なく使えます。

このST-07というタイプは、ソリッドでエッジーなサウンドも出せますし、
TS系のようなサウンドもToneの調整で出すことが出来ます。

ファジーなディストーションサウンドも出せれば、
オーバードライブ的なサウンドが出せますので、守備範囲は広いですね。

↓この動画は歪みの質がわかりやすいですね。

D*A*M – Sonic Titan ST-07 DAM

またアウトプットレベルも高いので、ブースターとしても使えます。

とにかくダイレクト感ある早い音、
非常にピッキングニュアンスに忠実なペダルなので、
「弾きにくい!」と思われる方もいらっしゃるでしょう(苦笑)

あ、ギターボリュームを絞った時のクリーンサウンドは、
Lovepedalペダルと同様、艷やかな点も魅力ですね♪

このST-07というモデルは、
初期の頃のSonic Titanの音を再現しているとのことですが、
確かにSonic Titanは生産時期で結構音が違います、、

管理人が弾いた中での各時期によるサウンドの傾向

初期モデル

ST-07と同じような傾向。
音は太く、音圧感もあるので存在感があるサウンド。

その反面、アンサンブルの中では少し暑苦しく感じるかも、、
ゲインの幅は広めなので、単体でも結構事足りる。

初期~中期モデル

sonic titan 内部基盤

かなりハイが強め。

ハリのあるサウンドをだすには、
ボリュームは3時程度まで上げる必要がある。

トーンの効き方が独特で、かなり効きが良いので、
ハムバッカーのギターでもエッジのある、
攻撃的なサウンドがだせるが、ゲインは控えめ。
クランチサウンドは極上です。

中期~ST-07販売直前までのモデル

これはモデルは一番大人しく、
マイルドなサウンドが特徴。

オーバードライブ的なサウンドなので、
歌モノなどに使いやすいのでは?

個人的はエッジ感に欠けるかな、、と思います。

以上、かなり主観と、
公式の資料に基づいていないので、
間違いがあったらすみません、、

まとめ

僕が所有するこのST-07は、
国内で見かける青バーションとは異なり、
ブラックカラーですので結構珍しいかも。

青バージョンを持っている友人に、
弾き比べてもらいましたが、差は感じなかったとのこと。

このブラックバーションのほうが、ややゲインは高かったみたいです。

それから、ちょっとノイズは多いですね、、

使用環境によりますがACアダプターで使うより、
電池で使ったほうがノイズは少ないですね。

それと電池がなくなってくるとかなり音が変わります。
電圧降下に弱いのは難点ですね、、でもアダプターだとノイズが・・・
この点は少しデメリットですね、、

ただトータル的にはかなり融通の効く、
完成度の高い、優秀なペダルだと思います^^

現状、好みのペダル3本指に入ってます!

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ、レビューを掲載。今まで弾いたエフェクターは500台以上、その経験から皆様の役に立つ情報をお届けします。

efmaniaをフォローする
YouTubeにレビュー動画を随時アップしています!
是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

YouTubeチャンネル登録はこちら >>>


Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

  1. hungrylikerakovitz@email.it より:

    Hi, How much is for a DAM Sonic Titan pedal? Do you ship to Italy?
    Please let me know!
    Enrico

タイトルとURLをコピーしました