「Free The Tone MS SOV SPECIAL MS-1V」エフェクターレビュー!

「Free The Tone MS SOV SPECIAL MS-1V」レビューです^^

「Free The Tone」のペダルは、
「Gigs Boson GB-1V」を所有していますが、
本当に欲しかったのはこっちだったんですよね(笑)

この「MS SOV SPECIAL MS-1V」は、
「Matt Schofield Signature Model」として限定販売されているものです。

Matt Schofield Signature Model MS SOV SPECIAL MS-1V

「Matt Schofield」氏のデモを見て、
僕はかなり物欲をそそられました^^;

「Matt Schofield」氏のデモ
Matt Schofield demos Free The Tone MS SOV SPECIAL (MS-1V)

実際、「GB-1V」と比較してみましたが、
正直なところ、、

「MS SOV SPECIAL MS-1V」を使いたいと思いました^^

スポンサーリンク

サウンドレビュー

+/-15Vdcの内部昇圧をしているためか、
タッチ、ギターボリュームに対する反応性も良好、
幅広いゲインレンジ、思っていたとおり素晴らしい、
オーバードライブペダルでした(^^)

とにかくゲインレンジは広い!

コントロールはいたってシンプル、
「LEVEL」「TONE」「GAIN」となります。

「LEVEL」はかなり音量を稼げますし、
「GAIN」で得られる歪み量もかなり幅が広いです。

「GAIN」をフルにすると、
音圧と太さが加わるため、ぶっとく歪ませることもできます

Free The Tone : MS-SOV Special Overdrive (MS-1V Matt Schofield Signature Model Ltd.)

実際に弾いてみると、
出音が非常にしっかりしているからか、
歪んでいないようでも芯からちゃんと歪んでいるように感じます。

音も適度に太い(※)ので、
暑苦しい!といった感じもしませんし、
ナチュラルに歪む印象を受けました。

※ちなみに同ブランドの「SOV-2」は「MS-1V」よりもローミッド寄りなサウンドだそうです

また僕の好みに近かったせいか、
「GB-1V」の時とは違い、セッティングもそれほど悩まなかったです♪

音を出した時の率直な気持ちとして、
「GB-1Vよりもこっちにしておけばよかったな、、」と思いました(苦笑)

それほど好印象なペダルでした♪

ギターボリュームへの追従性

非常に優れています。

ギターボリュームを絞った時のクリーントーンも、
コシ・艶やかさもあっていい感じです^^
僕はかなり好きな感じでした。

あとピッキングニュアンスを
重視するスタイルの方ならハマるでしょうね^^

比べて申し訳ないのですが、
「GB-1V」とは全く異なります^^:

ですので僕の中ではこの点は、
「MS-1V」のほうが圧勝でした(笑)

対JC-120用ペダルとしても優秀

試奏時はJC-120にストラト、
いつもの組み合わせで弾きました。

チューブアンプで弾いたほうが、
もっと良い音で鳴らせると思いますが、
「MS-1V」ならJC-120でも結構気持ちよく弾けました♪

気持ちよく弾けたというのは、
JC-120の「カリッ」とした、あの硬い感じが緩和され、
チューブライクな歪みとクリーントーンが得られた、
プリアンプ的な使い方ができたからです。

この点も僕にとっては非常にポイントが高かったです^^

「MS-1V」と「FULLTONE OCD」を比較してみた

最近メインで使っている、
Fulltone OCD」とJC-120で弾き比べしてみました!

MS-1VとOCD

結果からいいますと、
JC-120なら「OCD」のほうが僕は好みでした。

そう、あくまでも好みのお話です。

特に一番違うを感じたのが「OCD」は、
ギターボリュームを絞った時の音に高域がしっかり出てくれます。

あとコンプレッション感があるので、
弾きやすいのもあるかもしれませんね(笑)

…といいますか、
「MS-1V」の良さはJC-120では出し切れない、
非常にもったいないな、と^^;

やはりチューブアンプで使うほうが、
はるかに気持ちよく弾けるな、と実感しました。

でもレビューした通り、「MS-1V」だと、
JC-120独特の音の硬さは軽減されるといいますか、
チューブコンプレッションのようなものを感じます^^

よりアンプライクな感じは出ていると思います。

それと音の艶感やハリ感は…
さすがに「MS-1V」に軍配が上がります(笑)

これは「HTS サーキット」の恩恵なのかもしれませんね♪

以上、参考になれば幸いです^^

まとめ

これは欲しいですね^^;

あと見た目もカッコよいですし、
塗装の質感も良い感じなんですよね(笑)

またHTS サーキット搭載、
バイパス音も良いのは「GB-1V」で感じたままです。

ただ、「MS-1V」の場合、
歪みのキャラクターは「GB-1V」のように、
大きく変えることはできません。

歪みのニュアンスが好きかどうか、
そこがこのペダルを選ぶ時のポイントになるでしょうね。

でも、上で紹介した動画を見て、
「好きな感じかも」と感じた方であれば、
価格が高めなので手を出しにくいとは思いますが・・・
手に入れてもまず、間違いはないでしょう^^

この「MS-1V」は2013年12月まで、
期間限定生産とのことなので、僕自身も、、
できれば何とか手に入れてみたいな、と思っています^^;

これは嬉しい!「MS-2V」として再販決定!

「MS-1V」ですが、2013年末で生産が終了してしまいました、、

しかし!な、なんと、、
「MS-2V」として再販されるそうです!

それも今回は、スタンダードモデルとして発売されるとのこと^^

価格帯もグッと下がっていますので、
以前欲しくても躊躇していた方にも朗報ではないでしょうか♪

ちなみに価格は下がっていますが、

「HTSサーキット」
「+/-15Vdcの内部昇圧」

といったスペックは引き継いでいるそうですし、
基盤、パーツの見直しはあると思われますが、
「MS-1V」のサウンドクオリティを保っているとのこと^^;

これはかなり期待ですね!

「Free The Tone MS-2V」エフェクターレビュー!

「MS-2V」を弾いてきました!

「MS-1V」と並べ弾いていませんが、
試奏レベルでは…「MS-1V」との差はあまり感じませんでした^^

…ということで、現状、
新たに書くことがない、、です(笑)

「MS-1V」と違い、価格が下がり、
スタンダードモデルとして販売されるのは嬉しい限りですね!

個人的には「Free The Tone」の中では、
一番試して欲しいペダルです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました