「Caroline Guitar Company コロンビア」エフェクターレビュー!

Caroline Guitar Company コロンビア

実はこのモデル、
「Caroline Guitar Company Olympia Fuzz」

Caroline Guitar Company Olympia

と全く同じそうですが、
「Olympia」が商標名の関係で使えないため、
「コロンビア」と販売しているみたいです(笑)

でもこのルックス、何気にカッコよいですよね^^

スポンサーリンク

サウンドレビュー

コントロールはシンプルに2つだけ、

  • 「音量=ボリューム」
  • 「宇宙=ゲインコントロール」

のみです。

なぜゲインが「宇宙」なのかわかりませんが(笑)

さて、音を出した時の第一印象ですが、
「これ、マフ(Big Muff)系?」と思いました。

でも、弾いているうちに、
マフ系ほど毛羽立った音のニュアンスはなく、
スムーズな歪み方をするな、と。

ただそうはいっても、決して大人しいサウンドではなく、
荒々しさを感じるサファズサウンドですね^^

動画は「Olympia Fuzz」ですが、
ニュアンスは確かにこんな感じですね^^

ゲインコントロールも調整することで、
歪み方が変化していきます。

あとそこまで音が前に飛ぶ、
そこまで「抜ける音」といった感じよりは、
音圧感で空間を埋めてくれるファズサウンドかと。

この感じ、個性的な音だな~と思いました^^

ボリュームへの追従性について

ギターボリュームを絞った時ですが、
ある程度ゲインを落とすことは可能です♪

ただし、ファズフェイスのように、
ボリュームを絞って、鈴鳴りクリーントーンは
難しいと思いました、、

個人的にはボリューム操作をしながら使うなら、
「Dr.Green by Hayden The Hairy Tongue」のほうが好みでした。

ボリュームを絞っていった時の感じは、
「Lovepedal BONETENDER」に似ている気もしましたね。

ひょっとすると、マフよりも、
トーンベンダー系寄りなペダルなのかも^^

マフ系&トーンベンダー系好きの人、
グシャーとした音像を作りたいな人なら、
ハマりそうなペダルですね(笑)

まとめ

…で、僕自身も、
試奏していた時は結構長い時間弾いていました^^;
気持ちよく弾けたんですよね^^

「ずっと弾いていたくなる」

というのは、エフェクター選びでは
結構大切だと思ってまして。

この「コロンビア」も、
そういった気にさせてくれるペダルですね♪

サウンドもオリジナリティを感じましたし、
新たなサウンドバリエーションの一つとして、
使ってみたいな〜と思いました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました