「WAY HUGE RED LLAMA 25TH ANNIVERSARY OVERDRIVE」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

「WAY HUGE RED LLAMA」の25周年モデル、
「25TH ANNIVERSARY OVERDRIVE」のレビューです^^

WAY HUGE RED LLAMA 25TH ANNIVERSARY OVERDRIVE

WAY HUGE RED LLAMA 25TH ANNIVERSARY OVERDRIVE

Thanks @yamatyu0517

世界限定1000台という記念モデル。

「RED LLAMA」は過去に、
MK2を所有していましたが、
どう違うのか気になっていました。

スポンサーリンク

ペダルレビュー

「Way Huge」のペダルは以前より、
小型化されていっていますがこれもコンパクトサイズ。

ボードに納める上では良いサイズ感ですね。

今回のモデルは従来の「RED LLAMA」に、
ハイカットコントロールが追加されています。

WAY HUGE RED LLAMA Hi Cut

このハイカットのツマミですが、
右回しいっぱいの状態から調整するもよし、
もしくは12時からスタートさせてもよいかと。

効き具合は絶妙でしたね^^

高域の出方を確認しながら、
使用する環境で素早く調整できるのが良いですね。

ちなみに出音の印象としては、
MK2よりも低域のブーミーさは緩和されているかなと。

WAY HUGE RED LLAMA 25TH ANNIVERSARY OVERDRIVE 基板

これはMK2よりもオリジナル、
「RED LLAMA」に寄せているのかも。

使い勝手の良さは今回追加された、
ハイカットコントロールのおかげもあり、
今回の「25TH ANNIVERSARY」モデルに感じました^^

サウンドレビュー

歪みの質感はオーバードライブですが、
どこかファズらしさも感じる独特なサウンド。

ブリっとハリのある音で、
コンプレッション感は弱めなので、
ダイレクト感が損なわれるとは弾き手も感じないはず。

弦の鳴りも感じるペダルなので、
ベースでの使用もできそうですね。

ただいわゆるTS系のような、
コンプレッション感を求める人だと、
ムチッとした質感なので苦手に感じるかも。

各弦を弾いた時の分離感はあるので、
歪ませてアルペジオを弾いても聴かせることはできそうです。

各ツマミの効き方を動画で紹介

反応性も良いペダルで、
手元でクリーン~クランチといった感じで
ゲインコントロールも可能、使い勝手も申し分なしです。

ギターVOLを絞った時、
ハイ落ちもしにくいのも良いですね^^

「Drive」のツマミについて

「Drive」は2時ぐらいまで、
徐々に歪みは増えていきますが、
それ以降は低域も増していく感じ。

ちょっと癖はありますが、
音が潰れる、飽和しないあたり、
音決めのセンス、バランスはさすがだなと。

「Drive」はMAXでも、
オーバードライブの範疇。

そして絞っていくと、
ややクランチしている程度、
上の動画でいうと3分ぐらいのところです^^

「Drive」を上げていくと、
高域と低域の出方が変わる(14時以降)ので、
ギターVOLを触りながらのセッティングがおすすめです^^

「Level」のツマミについて

「Level」の効きは、
滑らかに音量が上がっていく仕様。

「Level」は歪みの質感に影響を与えず、
音量を下げることができます。

ちなみに「Volume」自体、
アウトプットレベルは高めなので、
ブースターと使用時、プッシュ感は強いです。

単体使用でも良いのですが、
僕はブースターとして使ってみたくなりました。

まとめ

僕は好きです、このペダル。
見た目はウルトラマン見たいですけど(笑)

コンプ感の弱めで弦鳴りを感じる、
クランチサウンドが欲しい人、音が奥に引っ込まない、
ブースターペダルを探している人には、一度弾いてみてほしいです^^

ちなみに「RED LLAMA MK2」が、
生産完了になりました(※)。

※モリダイラ公式サイトより引用↓
http://moridaira.jp/posts/wayhuge-whe203

もし今後、再販されるのであれば、
この「25TH ANNIVERSARY」モデルをベースに、
販売してほしいものですね^^

国内だとなかなか売れていない?
ようですが良いペダルですよ( ̄▽ ̄)

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました