「Sonuus Wahoo」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

多機能マルチワウ!

sonuus wahoo

フィルター系を統括した、
マルチエフェクターといえる一台で、
重さも1.3kg、意外と軽いです。

サウンドクオリティは高く多機能、
フィルター系サウンドを網羅しています。

まずはこちらをご覧ください。

アルペジエーターもありますし、
飛び道具的な音もだせます。

もちろん、
王道ワウサウンドもバッチリだせます。

僕がこのペダルを選んだのは、
この王道なワウサウンドがだせる点でした(^^)

ギターはもちろん、ベースにも使えます♪

各モードのエフェクトのかかり具合も、
細かな設定可能、設定は「Wahoo」本体のツマミでできます。

sonuus wahoo

視認性も抜群、
LEDの明るさも変えられます^^

sonuus wahoo

この明るさで35%ぐらいの設定です。

エフェクトのかかり具合は、
パソコン上でも設定できます。

Wahoo Desktop Editor Software

Wahoo Desktop Editor Software

パソコンで設定するには、
「Wahoo Desktop Editor Software」
のダウンロードが必要です。

接続はUSB端子対応、
これは何気に嬉しいポイントです^^

sonuus wahoo

設定は「Wahoo Desktop Editor Software」
で設定したほうが簡単だと思います^^

操作(設定)で戸惑ってしまったこと…

それはエフェクトのON/OFFの設定を、
変えようとした時でした。

エフェクトのON/OFFがペダルで操作できないことでした^^;

デフォルト設定ではペダルを踏み込むとON、
OFFにする時は左側のフットスイッチを踏むと、
OFFになるという設定になっています。

ただこれって、
普通のワウとして使いたい時は、、
使いにくいですよね。

でもさすが多機能だけあって、
エフェクトのON/OFF設定には、
「o.hi」「o.Lo」というモードがあり、
ペダルでエフェクトのON/OFFもできます。

しかしここで問題が、、

マニュアルどおりに触ってみるものの、
「o.hi」「o.Lo」の二つがないんですよ(苦笑)

「o.hi」「o.Lo」モード、
どちらかでも設定できないと、、

ワウペダルのように使えない

わけです。これは由々しき問題です(笑)

そこでふと気付きました。

そういえば「Wahoo」って、
ファームウェアのバージョンアップができたな、と。

そこでマニュアルを見てみると、
マニュアルが対応しているのは「Ver1.1.0」。

おぉ、、ひょっとして?
バージョンが違うからできない?と。

僕の手に入れたものはバージョンが古く、
バージョンアップしたら問題は解決しました(笑)

なんか超初歩的なミスかもしれませんが^^;

ちょっと思ったのが、
ひょっとして前の持ち主の人、
このことに気が付かず手放したのかな?と。
(このペダルは中古で手に入れました)

とりあえず、同じように困った人が、
いるかもしれないでの記録しておきます^^

しかし本当に多機能すぎるペダルなので、
一回でレビューを書ききれません^^;

また後日、追記したいと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました