「Menatone King Of Britains MK3」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Menatone King of the Britains

Menatone King of the Britains

いわゆるヴィンテージマーシャル系を再現したペダルですね。

「Menatone King Of Britains」
(以下「KOB」)ですが、
これは「MK3」と呼ばれるバージョンです。

KOBはかなりバージョンがあって、

この動画にある、
4ノブと5ノブのモデルを以前所有していました。

…で、僕の記憶が正しければ、
今回のMK3が一番使いやすいと感じました^^

ペダルレビュー

コントロールは4つ。

Menatone King of the Britains Ctl

  • Pres(プレゼンス)
  • Push(ミッドハイ)
  • Gain(歪み量)
  • Level(音量)

を調整できます。

個人的には国内に輸入されていた中で、
一番見た目的にカッコイイなと。

内部を見てみますと、

Menatone King of the Britains 基板

「Point To Point」ではありませんが、
かなりパーツに拘って作られているのが分かりますね^^

ディスクリート回路なこともあり、
出音やボリュームのレスポンスはかなり高いペダルでした。

サウンドレビュー

ヴィンテージマーシャル系とはいえ、
手持ちの「Gold 45/100」と比べると、

KOB & Gold 45/100

KOB & Gold 45/100

わりとあっさりしているといいますか、
「Gold 45/100」がファズっぽい感に対し、
ブリっとした感じが弱く、ディストーション色が強いです。

それとローが暴れることや、
飽和感がそこまで強調されないですね。

これは「Pres」と「Push」で、
出音を調整できるのが大きいと思います。

「Pres」と「Push」をあげれば、
タイトでソリッドな音になりますので、
ハムバッカー系ギターでもエッジの効いた歪みが得られます。

それと「JC-120」でも、
マーシャル系サウンドを堪能できます。

ただどちらかというと、
「Plexi」以降のサウンドニュアンスに寄る気がしました。

ちなみにJC-120で弾いた感じは、

この動画ほどシャリシャリした感じはなく、
程よく太さもあり、カッコいい歪みは作れました。

ゲインレンジについて

ゲインはゼロだと音は出ません。
また最小にしてもクリーンサウンドは厳しいです。

ゲインレンジはかなり広く、
ディストーションぐらいまでカバーしてくれます。

「Gain」は大体10時ぐらいの、
クランチサウンドは良い感じに作れます^^

歪みが増していくと、
ムチッとした飽和感が伴ってきますが、
バイト感が損なわれることはありません。

手元でのゲインコントロールについて

ハムバッカーギターの時で、
手元で歪みをコントロールする場合、
12時ぐらいまでならギターボリュームの操作で、
クリーン〜リードサウンドまでカバーできます。

ボリュームを絞った時のクリーンは、
いわゆるPlexi系のような…中高域の煌びやかさが再現できます。

とにかくボリューム、
ピッキングに対するレスポンスは高く、
出音が早い、ダイレクト感に良好なペダルでした。

カッティングプレイでも、
モタツキを感じない…と友人にも好評でした^^

まとめ

マーシャル系ペダルは数多くありますが、
僕的には三本指に入る、良質なエフェクターでした。

ギター問わず使え、
バッキングからリードまで手元でコントロール出来ます。

アンプライクなペダルで、
ヴィンテージマーシャル系ペダルとしては
使いやすいのでオススメしたいですが、
残念なのがほとんど…日本国内には出回っていないことですね、、

現行品はメナトーンのHPにありますが、
さらにカッコ良いルックスになっていました(笑)

ロック系ジャンルをするのであれば、
個人的には重宝しそうなペダルです^^

もし見かけたら弾いてみてほしいですね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました