「HOTONE BLUES」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

超コンパクト!
「HOTONE BLUES」弾いてきました^^

HOTONE BLUES

この「HOTONE BLUES」、
巷では「BOSS BD-2」系と言われていますが、
個人的にはちょっと違うかな?と思いました^^;

サウンドレビュー

よりナチュラルに歪む、
オーバードライブペダルに感じました。

「BD-2」と違うな、
と感じたのはゲインレンジです。

「BD-2」のように、
ファズディストーションまでは歪みません。

また歪み方は「BD-2」より、
暖かさを感じる、チューブライクサウンド。

そして「GAIN」をフルにしても、
オーバードライブぐらいといったところです。

ちなみに「GAIN」をゼロにすると、
クリーンブースター的にも使えます。

当たり前かもしれませんが、
BOSSっぽい感じではなく、個性のあるペダルに感じましたね(^^)

僕は好きです、この「HOTONE BLUES」。

ペダルレビュー

ツマミは「GAIN」「TONE」「VOLUME」、
それと「FAT」スイッチが搭載されています。

まず「FAT」スイッチですが、「ON」にすると、
中低域が足され、音が太くなります。

ゲインも少し上がる印象もありましたので、
ストラトなら「ON」がおすすめかと♪
僕は「ON」にしたほうが好きでした^^

また「FAT」スイッチが付いていたので、
「Keeley Phat Tube」に近いのかな?
とも思っていましたが、違いましたね^^;

ゲイン幅、歪み方がBD-2特有のザラつき感を感じないのと、
何よりも「FAT」スイッチの効き方です。

「HOTONE BLUS」の「FAT」スイッチの方が、
「Keeley Phat Tube」よりもわかりやすい効きをしてくれます。

「GAIN」「TONE」「VOLUME」に関しては、
一般的なエフェクターの効き方ですので、
操作に迷うことはないでしょう。

「TONE」はなかなか良くできていて、
上げても薄っぺらい音にはならないんですよね。

何というか…音が締まる、
タイトになっていくような効き方をします。

あと「VOLUME」は、
かなりアウトプットレベルを稼げくことが可能です。
ブースターとしても活躍してくれそうです♪

「GAIN」ノブは「EKO」同様、
エフェクトを「ON」にすると光ります。

HOTONEの光るノブ

視認性は抜群です(笑)

まとめ

一言でいえばこのペダル、
「普通でよい」といった感じでしょうか。

派手でもじゃじゃ馬でもない、
初心者でも使いやすいオーバードライブペダルです。

そこまで歪ませない、
ナチュラルな歪みがほしい方にもおすすめですね!

この「HOTONE」というメーカー、
「BOSS」の対抗馬としてピックアップされていきそうですね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました