「Digitech Bad Monkey Tube Overdrive」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Digitech Bad Monkey

Digitech Bad Monkey

レビューリクエストをいただきました^^

海外の評価もすごく良いみたいで、
色々な人のレビューをみていても高評価の多いペダルですよね^^

スポンサーリンク

ペダルレビュー

いわゆるTS系と呼べるペダルで、
コントロールは4つ。

  • Level(音量)
  • Low(低域調整)
  • High(高域調整)
  • Gain(ゲイン調整)

といった感じなので、
はじめはTSサウンドに低域、高域を足せる、
そんなペダルかな?と思っていましたが、
良い意味でちょっと違いました(笑)

サウンドレビュー

TS系ペダルということで、
手持ちのTSペダル「OD808」と比べてみました。

Bad Monkey & OD808

Bad Monkey & OD808

「Bad Monkey」のサウンドメイクのポイントは、
「High」「Low」のコントロールかなと。

まず12時の位置だとTSサウンドが得られます。
この時は「OD808」と比べてもキャラクターは結構似ていました。

ヴィンテージのTS−9との弾き比べした動画もありますが、

レンジ感は違いますが、
ニュアンスの近さは感じられると思います。

ですが…「High」「Low」、
特に「Low」が一時以降に設定すると一変…
表情を変えます(笑)

グッと低域の押し出し感が増し、音に輪郭が出てきます。

さらにそこへ「High」を上げていくことで、
太さを保ったまま、エッジ感が足されていきます。

どちらかというとモダンなサウンド、
TS系ペダル?といった感じで個人的には、
「ODR−1」っぽさを感じました。

Nobels ODR-1

Nobels ODR-1

それと面白いのが「High」「Low」を上げていくと、
エフェクター臭さが消え、ピッキングへの反応性も上がることです。

さすがに世にある、
アンプライク系ペダルには敵わないかもしれませんが、
価格からすれば、十分すぎるクオリティのペダルじゃないでしょうか^^

ちなみにゲインレンジでいうと、
あくまでオーバードライブなのですが、
「High」「Low」の調整如何では個人的に、
ハードなリフプレイもできるぐらいの歪みは得られると感じました。

まとめ

とにかく幅広いサウンドメイクができるな、と。

生産終了したものの、
今ならまだ手に入るペダルなので、
TS系が苦手…なんて人にも試してもらうと面白いかも!

あ…難点といいますかちょっと気になったのは、
見た目に反してズッシリした質感、結構重たいということです(笑)

個人的にはこの点以外は…
巷で評価が高いのも頷けるペダルでしたね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました