「VEMURAM Karen」ディストーションエフェクターをレビュー

「VEMURAM Karen」
レビューをお届けします^^

VEMURAM Karen

「VEMURAM」というブランド、
以前から気になっていましたが、
国産ハンドメイドペダルなんですね。

筐体も真鍮製、
ズッシリした重量感も相まって、
高級感があるペダルでした(^^)

サウンドレビュー

この「VEMURAM Karen」、
70~80年代マーシャルサウンドを狙った、
ぺダルとのこと。

ギターはストラト、
アンプはJC-120で弾きました^^

JC-120でも太く、中低域の効いた、
ディストーションサウンドが得られます^^

コントロールはいたってシンプル、
「Drive」「Tone」「Level」。

「Tone」はハイカット的に働く感じですね。

出音がキンキンしてうるさい時に、
高域をカットする感じに使えそうです^^

「Tone」以外は、
もうツマミを触れば効きはわかります。

まさに出音もシンプル、
コレ!と決め打ちされたかのような、
音が飛び出してきます^^

これなら、セッティングに悩む、、
ということもないでしょうね。

いいです、こういうペダル(笑)

「Drive」は上げていっても、
歪みのキャラクターが変わりません。

また音のコシが損なわれることもありません。
この点はなかなかすごいです。

ゲインは高めですね。
「Drive」を最小にしても結構歪みます。

でもクランチサウンドを作りたければ、
ギターボリュームを絞ればOKです。

ギターボリュームへの追従性は?

反応性に関してですが、
そこまで高くはないかもしれません。

でも、ギターボリュームで、
ゲインコントロール自体はできます。

ちなみに絞った時、
音はこもりにくい気がしました^^

筐体上部にあるトリマーでゲイン量を調整可能

ただ、最小にしても、
そんなにゲインは下がりません^^;

また下げてしまうと、
抜け感や音圧感が落ちる感じがします^^;

基本はMAX、もしくは、
MAXよりも気持ち下げたぐらいが良さそうです。

ココがちょっと気になる…

あ、気になったのは、
ちょっとノイズは多めことですかね^^;

それと他のアンプライク系のペダルに比べ、
音像の立体感がちょっと欠けるかも。

でも、それぐらいでしょうか。

まとめ

総評として、音作りは非常にしやすく、
出音も使用環境で大きくブレにくい、
弾きやすいペダルでしたね。

価格はちょっと高め^^;ですが、
出音はもちろん、内部パーツも非常に拘り、
ハンドメイドで作られていることを考えると、
妥当な値段かもしれませんね^^

余談ですが「VEMURAM」といえば、
「Jan Ray」が人気がありますが、アンプを選ぶペダルという声も聞きます、、

その点、この「VEMURAM Karen」なら、
アンプをさほど選らばず、歪ませることができる、
ディストーションサウンドが得られるため、使い勝手は良いですね♪

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Distortion
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました