「VAHLBRUCH Jewel Drive」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
VAHLBRUCH Jewel Drive

VAHLBRUCH Jewel Drive

これはオーバードライブペダルの銘機ですね^^

「VAHLBRUCH Jewel Drive」は
ドイツ製オーバードライブペダルで、
VAHLBRUCH(ファールブルーフ)と読むんですね^^;

このペダル、いつもお世話になっている、
楽器屋さんの店長さんに教えてもらいました。

店長さんも愛用しているとのことで、
ご好意で弾かせていただきました^^

サウンドレビュー

この「Jewel Drive」、
あまり世に知られていないようですが、
かなり良いと思います!

アンプライクなオーバードライブ、
チューブコンプレッションが感じれる音。

僕は「Amp Eleven」よりも、
アンプライクなサウンドに感じました^^;

それと基本的に音が太い(笑)
ただし、嫌な低域の出方はしません。

この感じなら、アンサンブルの中でも、
埋もれることもなく、使いやすいと思いますね。

ですので基本的に、
ウォームで程よくコンプレッション感がある、
あくまでもオーバードライブサウンドを信条とするペダルかと。

僕は好きな感じです^^

各コントロールについて

ドライブチャンネル(右SW)と、
ブーストスイッチ(左SW)が搭載されています。

ブーストスイッチは単体で効かず、
ドライブチャンネルのゲイン・音量をアップさせるタイプです。

ドライブチャンネルのゲインは、
動画などを見るとあまり高くないのかな?
と思っていましたが…意外と歪みます(笑)

ブースターチャンネルは、
ゲインと音量を調整できます。

さすがにドライブチャンネルで歪ませすぎると、
ゲインが上がる印象は薄れますが、音量は関係なく上げれます^^

そこまで歪ませず、
バッキング・ソロを弾く分には十分だと思います。

それとこの「Jewel Drive」で特徴的なのが、
「TIMBLE」というコントロールです。

VAHLBRUCH Jewel Drive

これは中域を中心にコントロールします。

左回しにしていくとローミッド、
右に回していくとハイミッドが足される印象ですね。

聴感上では左に回していくと、
TS系っぽいコンプレッションが効いたサウンド。

右に回していくと、
エッジの効いたオープンなサウンドが得られますね^^

またそこに「TREBLE」で高域を調整できるので、
かなり広くレンジコントロールが可能です。

そして何より驚いたのが、
「反応性が非常に高く、ハリ・艶感がある音だ」
ということです。

ボリューム・ピッキングレスポンスについて

ギターボリュームを絞って、
クリーントーンにした時でも音の腰砕け感はありません。

この感じ…かなり好みです。
レスポンスは今まで弾いてきたペダルの中でもトップクラスかも^^;

試奏時は「OCD」と比べましたが、
ボリューム、ピッキングに対するレスポンスは…
「OCD」を凌駕していました^^;

対JC-120対策にも使えそうです

アンプはチューブアンプのほうが、
愛称が良いのは当たり前のことですが、
僕の印象ではJC-120でも十分に使えると感じました。

よって、このエフェクターも、
プリアンプ的に使えるタイプといえるでしょう^^

とにかく汎用性の高いエフェクターです。

あと音には関係ありませんが、

Jewel Drive 電源部分

電池部分は交換が容易、
作り自体もしっかりしています。

そして何より…

弾いていて楽しい気分にさせてくれる、
そんなオーバードライブペダルでしたね^^

個人的にはこういったフィーリングはすごく大切だと思います。

なかなか店頭では見かけませんが、
良質でアンプライクなオーバードライブをお探しなら、
是非、候補に入れていただきたいですね♪

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

  1. kawachi より:

    これと同じメーカーのsapphire driveが気になっています。
    もし触る機会がございましたら是非ご感想をお聞きしたいです。

タイトルとURLをコピーしました