「Lovepedal Amp Eleven」 エフェクターレビュー!

Lovepedal Amp Elevenの画像

この「Amp Eleven」は店頭で見かけ、
一音だしたらノックアウトされ、気付けば…
レジに並んでいました^^;

スポンサーリンク

サウンドレビュー

僕の中で、
お気に入りオーバードライブペダル、
5本指に入っています^^

音はウォームでチューブライク、
正にアンプライクなオーバードライブペダルです。

Lovepedal Amp Eleven

2チャンネル仕様で、
左スイッチがドライブチャンネル、
右スイッチがブーストチャンネルです。

ブーストチャンネルは単体では効かず、
踏むことでゲイン・音量を上げてくれるといったものですね。

ドライブチャンネルについて

そこまで歪まない、
ゲインレンジはそれほど広くありません。

これはストラトなど、
シングルコイルであれば特にそう感じるかも^^;

「BASS」「TONE」を上げれば、
ある程度は歪んでくれますがやはり、
アンプがクリーンな状態であればそこまで歪みません。

クランチサウンド程度の歪みと思ってもらうのがよいです。
なので、ある程度歪ませたい人には不向きですね、、

でも僕は「Amp Eleven」は、
かなり極上のクランチサウンドが出せると気に入っていますけどね♪

暖かみのある、チューブライクな、
オーバードライブサウンドといった感じですね♪

あと基本的にフラットなサウンドですが、
「BASS」と「TONE」の調整次第で歪み方も変わります。

特に「BASS」を上げていくと、
かなり野暮ったい粗め歪みが得られるのは面白いです^^

ブーストチャンネルについて

スイッチを踏めば、
ゲインと中域がグッと増します。

ただ、ハイゲインディストーション…
とまでは届かないですね、、

でも、個人的にはリードプレイに十分な、
ゲインと音量アップが可能な印象は持ちました。

あと適度に太く、
コンプレッション感も足されるのも良いですね^^

ボリューム・ピッキングへの反応性

アンプライク系ペダルといわれるだけあり、
非常に高いです。

これは「Lovepedal」の魅力でもありますが、
特にギターボリュームを絞った時のクリーントーンがいいんですよね^^

艶やかで立体感のあるサウンド、
これは弾いてみられると頷いてもらえるはず。

あと、コンプ感も相まって粘りもありますね。

まとめ

出音も低域の暑苦しさもなく、
芯がある音なので、比較的万人受けするペダルだと思います。

ちなみにアンプは、
あまり選ばないペダルだと思っています。

JCM2000は勿論、
JC-120でもJCM900でも音作りはしやすいです♪

個人的には…
JCM900は音作りがしにくいので重宝しています。

またハムバッキング系のギターでも、
同じように手元で高い反応性感が得られましたね。

「2in1」ペダルでありながら、
2万円前半といった価格、コストパフォーマンスは抜群でした。

でも現在は3万円を超える価格設定、
価値はないとは言いませんが…過去の値段を知っているので複雑です^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました