「September Sound Fuzz」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

September Sound Fuzz

あまり知られていないかもしれませんが、
このペダル…かなりおすすめです。

この「September Sound Fuzz」、
いわゆるマフ系です。

スポンサーリンク

ペダルレビュー

見た目は「ラムズヘッド」を想像させますが、
ラムズヘッドよりもかなり暴れた、
凶暴なサウンドも出すことが出来ます^^

…で、このペダル、
仕様が少し変わってるんですよね。

回路的にはいわゆるマフ系。

ただ使用しているトランジスタが少し変わっていて、
「BC239C」×2と「BS170」×2、なんですね。

「BC239C」といえば、
後期ラムズヘッド~第三期ビッグマフ、
このあたりで使われていたトランジスタですね。

また「BS170」は、
「Z.Vex Super Hard On」に
使われてましたよね。

四段増幅の最終段が「BS170」とのこと。

これが作用するのがこのペダル最大の特徴、
それは「MADスイッチ」の存在に繋がります。

Mad スイッチ

このスイッチを入れることで、
音量が跳ね上がり、より狂暴なサウンドに変貌します。

ちなみにノーマルモードは、
暴れ気味ではあるものの、
ラムズヘッドを彷彿させるサウンドが得られます。

例えば、1981年製のBig Muff(3rd)と比べると、

それがより感じとれましたね^^

ただこの「September Sound Fuzz」、
「MAD」モードで使ってこそ、
良さを最大限に活かせる!
僕はそう考えています( ̄▽ ̄)

サウンドレビュー

とにかくサウンドは…
素晴らしいの一言につきます。

ちなみにロシアンマフと比べると、

Sovtek Russian Big Muff Tall Font

Sovtek Russian Big Muff Tall Font

ディストーションよりではなく、
よりファズのニュアンスが強いペダルでした。

それともう一つ特徴的なのが、
設定次第ではギターボリュームを絞ったら、

クリーントーン近くまで、
歪みまで落とすができるんです。

コントロールは左から、
「ボリューム」「トーン」「ゲイン」です。

ツマミのMAX位置がバラバラ、
ヴィンテージのマフと同じような感じなので、
少し位置がわかりにくいかもです^^;

ちなみに動画ですが、
はじめはノーマルモード、
2:28あたりで「Mad」モードに切り替えています。

「Mad」モードだと、
ボリュームがかなり上がりますので
かなりボリュームを絞っています^^;

ちなみにずっとエフェクトはONの状態です。

ゲインが下がり、クリーントーンになっている時は、
ギターボリュームを絞っている時です。

このペダルの雰囲気を感じてもらえたら幸いです^^

まとめ

マフ好きには是非一度、
体験していただきたいですね^^

これだけ幅広いセッティングができる、
マフ系ペダルはなかなかにないと言い切れます。

ちなみにマフ好きな友人の間でも、
この「September Sound Fuzz」は好評です( ̄▽ ̄)

僕も今まで色々なマフ系ペダルを弾いてきましたが、
このペダルが1番好きです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました