「Rawk Works NIGHT Overdrive」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

最近、「Klon Centaur」ベース、
もしくはコピーモデルが多く出回っていますが、
なかなか珍しいペダルがあったので弾いてきました。

「Rawk Works NIGHT Overdrive」

Rawk Works NIGHT Overdrive

こちらは「Klon Centaur」ベースの
オーバードライブペダルです。

Mike Skinner(マイク・スキナー)氏という、
知る人ぞ知る方が開発・制作しているペダルだそうですが、
ブランドとしてはあまり知られていないかもしれません。

音は「Klon Centaur」ベースというのは、
なんとなくわかります。


↑「Light Overdrive」VS「Klon Centaur」

結構似ていますよね!

同ブランドの「Light Overdrive」の
ゲインアップ版が「NIGHT Overdrive」だそうです。
「NIGHT Overdrive」ほうが万人に使いやすいと思います。

どちらかというと「Klon Centaur」よりも、
音の安定感などは「KTR」のほうが近い気もします。

でも「KTR」よりはゲインの幅も広いように感じますし、
トーンの調整でマイルドな音から抜けの良いソリッドな音まで
カバーしてくれる点は使いやすいと思います。

またトーンを上げたときも音が細くなるような感じもありません。

ちなみに単体で歪ませるという、
オーバードライブペダルとして使いたい方には、
「Klon Centaur」よりもこの「NIGHT Overdrive」が
向いている気もしました。

エフェクターをONにすると、
筐体デザインの建物の窓も光る(笑)という
遊び心も良いですね♪

「KTR」はなかなか手に入りませんが、
「Klon Centaur」系のペダルの中では安価ですし、
まだ手に入りやすいので個人的にはおすすめしたいペダルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました