「KLON KTR」エフェクターレビュー!

発売後、即完売、、^^;
あのKLON CENTAURの新作、KTRのレビューです!

KLON KTR

とにかく見た目はかなり変わりました(笑)

サイズダウンしたので、
ボードには納めやすくなったのは良いですが、
見た目は以前のほうが…かっこよかったですね^^;

サウンドレビュー

管理人も絵なし、
シルバー筐体の「CENTAUR」を持っていましたが、

KLON Centaur

思い起こしてみると、
この「CENTAUR」と音の傾向は似ていると感じました。

「CENTAUR」独特のエンハンス感、
適度なコンプ感、ハリ、艶感、歪みの質感…
きちんと再現されていると思います^^

これなら「CENTAUR」を持っている人が、
バックアップ用に「KTR」を手に入れたとしても、
ガッカリしないと思います(笑)

ただ「KTR」のほうが、
音がクリア、スッキリしている印象はあります。

でも個人的には「KTR」のほうが、
音にまとまりがある、「安定感」を感じました。

「CENTAUR」の中でもバランスがとれた、
使いやすいタイプと僕は感じました。

そして、ケンタウルスらしさは一貫しています。

少しだけ歪ませ、常時ONにして使う、
バッファー効果も相まって、プリアンプ的にも使うのもアリですね♪

2014年入荷分「KTR」について

2014年5月頃から再入荷した、
「KTR」を手にする機会がありましたので、
再度レビューしてみたいと思います^^

見た目は変わっていませんね(笑)

KLON KTR
KLON KTR

中身を見てみますと、

KLON KTR 基板
KLON KTR 基板 Diode部分
2014年入荷分 KLON KTR 基板

こんな感じです。

前回入荷分をレポされている、
きになるおもちゃのKさんの記事を見ても、
同様の基板が使われていそうですね!

実はこの「KTR」、あの「Rockett Pedals」
が製造していたそうですが、色々あって…製造元が変わるそうです^^;

ひょっとすると…音も変わるかもしれませんね、、

バッファー効果が魅力的かも

それと以前弾いた時にはイマイチ、
違いがわからなかったバッファー切り替えも、

KLON KTR Buffer部分

今回はその違いがわかりました(笑)

やはりバッファーはONにした時のほうが、
明らかに音に艶が足されますし、芯と密度のある音になります。

僕はバッファーONにしたほうが、
音が抜けて聴こえる、音が散らないなど、
最終的にアンプから出てくる音は好きでした^^

それと「KTR」ですが、思っていたよりも、
ボリュームに対し、リニアに反応しますね^^

いつものストラトだけでなく、
僕が所有する「Firebird」でも試しましたが、

KLON KTR & Gibson Firebird

ストレスなく、ゲインコントロールできました^^

どちらかというと、
「Firebird」と組み合わせた時のほうが、
カッコいい音すると思いました^^

バッファーのON/OFFも可能

今回の「KTR」、筐体サイドで、
バッファーのON/OFFができるのは面白いですね!

そもそも「CENTAUR」の特徴として、
繋ぐだけで得られるバッファー効果が挙げられます^^

で、「KTR」ではこのバッファーのON/OFFができます。

バッファーのON/OFFに関してですが、
「Marshall JCM-2000」では微妙な変化でした、、

煌びやかさはバッファーONにしたほうが、
感じられるかな?といった程度、、^^;

ちなみにバッファーON/OFF時の音の違いは、
JC-120で弾いた友人曰く、かなりわかりやすかったそうです^^

また弾く機会があれば、
じっくり検証してみたいと思います!

まとめ

正直…目新しい音ではないのですが、
繋いで弾いていたくなる、そんなペダルだと再確認できました(笑)

で、気になるのが今回販売されている価格です、、

発売当時は3万円台半ば、
なぜか今は50,000円を超えています、、

こういった価格設定も製作者の意思とは違うんだろうな…と思うのは僕だけでしょうか、、^^;
→代理店がかわり、3万円半ばで買えるようになりました♪

ちなみに「Rawk Works NIGHT Overdrive」も、
かなり「KTR」に肉薄した良いペダルでした。

併せてチェックしてみて下さい♪

追記!「ELECTRO-HARMONIX Soul Food」と比較してきました!

「ELECTRO-HARMONIX Soul Food」と弾き比べしてきました^^

ELECTRO-HARMONIX Soul Food VS KLON KTR

弾き比べの試奏環境はストラトキャスター、
「JC-120」で行いました。

歪みの質感自体は、
「Soul Food」と「KTR」は似ているといえます。

でも違いとしては、
「JHS PEDALS Soul Food Meat & 3 Mod」と、
比較した時に感じた点と共通していました。

ELECTRO-HARMONIX Soul Food VS JHS PEDALS Soul Food "Meat & 3" Mod

それは何か?といいますと…音のクリアさです。

「Soul Food」は良く言うと、
「KTR」と比べても中低域があり、音に太さを感じます。

でも、出音に雑さを感じる、濁っているように感じました^^;

これが「KTR」だと、
明らかに音がクリアで透き通った感じの音でした。

結局のところ「Soul Food」ってどうなの?

管理人の勝手な考えですが「Soul Food」は、
「Centaur」のサウンドキャラクターを継承しつつ、
より弾きやすくチューニングしているペダルなのでは?と(笑)

僕が弾いた印象だと「Soul Food」のほうが、
弾き手やアンプは選ばないように感じたからです。

例えば「JC-120」なら「Soul Food」のほうが、
トランジスタアンプ臭さを軽減してくれる、
心地よく歪む印象を受けました(笑)

「Soul Food」でも十分かも^^

created by Rinker
ELECTRO-HARMONIX
¥10,350(2021/12/08 09:01:17時点 Amazon調べ-詳細)

逆に言うと…

「Centaur」の音を求めているなら、
やっぱり、、オリジナルを買うしかないのかもしれませんね^^;

見た目・音に拘った「KABA’S Custom Effects」が作るクローンペダルにも注目!

でも…やはり「KLON Centaur」は、
あの見た目、雰囲気が弾き手のテンションを上げると思うんです。
たとえデカくて電池でしか動かなくてもです(笑)

で、見た目、サウンド共に、
かなりクオリティの高いペダルが登場しました。

「KABA’S Custom Effects」、
日本人の方ですが、Fax Onlyの個体をサンプルに作られてたペダルです。

所長
所長

実はこのペダル、開発にあたり、僕も実機(Fax Only)をお借りしまして、サウンドチューニング、チェックに協力したペダルです。

試作を繰り返すし、チェックすること複数回、
最後にはかなりクオリティが高いものができたかなと。

右がオリジナル、左がクローンペダル(ブースターサウンドチェック)
右がオリジナル、左がクローンペダル(バッファーサウンドチェック)

筐体の形状も含め、なかなか他にないペダルです。
気になる方は問い合わせしてみてください^^

「KABA’S Custom Effects」→お問い合わせはこちら

所長
所長

問い合わせする時に「魔法の箱研究所を見ました!」と言っていただけると嬉しいです(僕にお金は一切、入りません笑)

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました