「Providence STAMPEDE OVERDRIVE SOV-1」 エフェクターレビュー!

「Providence SOV-1」エフェクターレビューです^^

Providence STAMPEDE OVERDRIVE SOV-1
Providence STAMPEDE OVERDRIVE SOV-1

プロユースな仕様、
ローノイズかつ原音を重視しながら、
チューブライクに歪ませるコンセプトだそう。

以前、FulltoneのFulldriveか、
このSOV-1のどちらを買おうか?悩んだ記憶があります(笑)

スポンサーリンク

ペダルレビュー

内部はこんな感じで、

Providence STAMPEDE OVERDRIVE SOV-1 基板

Fulldriveとは比較にならない部品点数ですね^^;

友人の日ビルダー曰く、
昇圧回路が組み込まれているそうで、
トランスも内蔵されています。

電池ではなくAC駆動な割にノイズはかなり少なめです。

ノイズがない分、
全体的な出音はクリアな響きに感じました。

サウンドレビュー

ゲインレンジはクリーンからオーバードライブ程度。

ドライブはゼロの状態だと、
原音に忠実なクリーンブーストが可能です。

ガッツリ歪ませるなら、
アンプの歪みと絡ませる必要がありますね。

キャラクターとしては、
ミッドレンジに寄った音とはいえ、
フルドライブと比べるとレンジは広いと感じました。

そして驚いたのが、
回路的に昇圧しているためか、
思っていたよりもオープンで弦鳴りがしっかり感じられるんですよね。

特に低音弦、巻き弦の響きは締まる感じで、
芯もあって、ピッキングした時でもクッと歪みが喰いついてきます^^

フルドライブはいかにも…
TS系といったニュアンスが強いですが、
このSOV-1はTS系の滑らかな歪みというより、
ゴリッと無骨な歪みに感じました。

よく「フルドライブに似てる」、
という話を聞きますが、今回弾いて…
「そんなことはないな」というのが僕の感想でした。

ちなみに「Tone」の効きは滑らかで扱いやすかったですね。

あと意外だったのが、
ギターボリュームを絞った時に、
エフェクター臭くないクリーンサウンドが得られた点です。

エッジ、艶感があるあたりは、
フルドライブにそれに比べ、ナチュラルな印象を受けました。

そこまで歪まないのもありますが、
ストラトなどシングルコイルギターなら、
フルゲインでもスッと歪みを落とすことが可能です。

それとボリュームを絞った時でも、
こもりにくいのも特徴ですね。

もちろん、ピッキングに対するレスポンスも良好、
プロの間で使われているのが頷けれるペダルでした。

ブースターチャンネルについて

ブースターはノーマルブーストと、
トレブルブースターの2種類が選べます。

Providence STAMPEDE OVERDRIVE SOV-1 Boost

単体での使用は不可、歪み量ではなく、
音量をグッと持ち上げるナチュラルなブースター、
過度に音を太くするといったものではないですね。

増幅量はかなり大きめなので、
基本の歪みはドライブチャンネルで作り、
ソロなどでブーストをONにする…そんな使い方ができるペダルです^^

それとトレブルブースト側にしても、
そこまで高域が強調されません。

ドライブチャンネルで歪ませた状態なら、
良い塩梅に抜けの良いブーストサウンドが得られますね。

ケースバイケースで使い分けてもらうと良いかと^^

2in1タイプのペダルの中でも、
このブースターチャンネルは使いやすいペダルでした。

まとめ

十数年前に販売されていたペダルですが、
かつて弾いた時よりもかなり好印象なペダルでした。

今なら当時の自分に、
「このペダルは買っておけ!」といいたいです(笑)

プレミアが付いた時期もありましたが、
手頃な値段で手に入れることもできるます。

TSよりも適度に粗めに歪む、
オーバードライブ程度の歪みで十分、
原音重視派のプレイヤーには試してほしいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました