「Lovepedal High Power Tweed Twin」ツィードアンプ系エフェクターをレビュー

Lovepedal High Power Tweed Twin

Fender Tweed系サウンドがだせると人気だった、
「LES LIUS」をよりゲインアップ、3モードを搭載した、
「Lovepedal High Power Tweed Twin」

「Lovepedal」お得意のアンプライクさを兼ね備え、
見た目のグッドなペダルです^^

サウンドレビュー

ちょっとファズっぽさを感じますが、
ブリブリしたニュアンスがTweed系のサウンドを
思わせてくれるんでしょうね。

ゲインは結構高いので、純粋にTweed系に収まらない、
幅広いサウンドメイキングができるのはこのペダルの魅力です。

ちなみにTweed系、
いわゆる「Tweed Deluxe」を狙っているそうです。

「High Power Tweed Twin」ですが、
ミニスイッチで3モードの切り替えができるようになっています。

スイッチですが、

左側が暴れるTCHULA、
真ん中はフルレンジのHIGH POWER TWIN、
右側にするとコンプレッション感のある5E3サウンド

だそうですが、能書きはおいておいて、
どのモードも音の違いはよくわかりますので、
好きなポイントは見つけやすいと思います(笑)

どのモードも使える印象はありましたが、
さすがにフルゲインで使用するとギター側のボリュームで、
クリーントーンまでにゲインを落とすのは難しかったですね。

JC-120との相性はどうか?チェックしました!

今回、JC-120とストラトで弾きましたが、
JC-120がTweedサウンドに化ける!とまでは思いませんでした。

悪くはないのですが、JC-120特有の音の硬さは残りました。

これは原音も程よく残してくれているともいえますが、
管理人としては対JC-120としてはやや物足りない気はしました、、
おそらく、もう少し癖があったほうが良いのではないでしょうか。

ただこの感じなら、
真空管アンプならもっと印象は良いと思います^^

出音の速さ、ギターボリュームへの反応性は良好、
さすが「Lovepedal」です。

物欲はそそられませんでしたが、
Tweed系サウンドを求めている方には弾いてみてほしい、
そして感想を聞いていみたいですね!

個人的にはもう中域に、
密度のある音なら欲しくなるんですけどね。

まぁそうなると・・・
Tweed系サウンドではなくなるのもかもしれませんが(苦笑)

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました