「Analogman Prince Of Tone」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

これは気になっていたペダル!
「Analogman Prince Of Tone」レビューです^^

Analngman Prince Of Tone

King Of Tone(KOT)Ver.4を一台におさめ、
新たなサウンドも追加した「Analogman Prince Of Tone」です^^

まずは何といっても見た目がカッコイイ!
Analogmanはセンスが素晴らしいです。

肝心の音はどうなのか?レビューします!

サウンドレビュー

  • OD・・・オーバードライブ(KOT Ver.4のRED Ch.)
  • Boost・・・クリーンブースト(KOT Ver.4のYELLOW Ch.)
  • Dist・・・ディストーション(POTオリジナル)

上記3モードの切り替えが可能です。

Prince Of Tone 3モード部分

音はKOTのニュアンスも確かに感じられますし、
ゲインに幅を持たせたKOTといわれている
「King Of Tone(KOT)Ver.4」と比べても・・・

「King Of Tone(KOT)Ver.4」と比べても、


「King Of Tone(KOT)Ver.4」

よりワイルドな出音に調整されていると感じました。

中でも特にワイルドさを感じたのは、
POTオリジナルのモード、「Dist(ディストーション)」モードです。

メーカーサイトでは、

咆えるような響きと独特のMarshall風の倍音と鳴りが特徴

みたいなことが書かれていましたが、
確かにそんなニュアンスも感じますし、純粋にカッコイイ音ですよ。

このモードの音だけでも、
POTは十分価値があると思います(*^^*)

ODはTS系サウンド、
クリーンブーストは正統派クリーンブーストです。

プリアンプ的な使い方ができるペダルで、
ギターボリュームを絞った時のクリーントーンも良いです。

3モードのどれも使える、
捨て音がない、すごいペダルだと思います(汗)

とにかく!

POTはギター、アンプの良さを消さずに歪ませる、
そんなペダルなのでお気に入りのアンプがある方なら、
アンプをドライブさせる最高のパートナーになるでしょうね。

それから内部にはDIPスイッチとプレゼンス調整用のトリマー、
幅広いサウンドメイクが可能です。

Prince Of Tone 基盤

まず内部DIPスイッチですが、
「1」をオンにするとローミッドを足す、
「2」をオンにするとゲインアップという効果が得られます。

「1」の効果は薄味ですけどね(笑)

DIPスイッチの「1」と「2」、
両方をオンにした状態がディストーションモードにマッチする、
とのことですが、両方をオンにした状態でないと・・・
ディストーションらしい音が得られないかな…と(笑)

そしてプレゼンス調整用トリマー、
基盤の写真、白いツマミがそれにあたります。

プレゼンス調整用トリマー

これ、デフォルトの設定がどうなのかわかりませんが、
上げていくとかなりキンキンとした音になります。

実は管理人がPOTを初めて弾いた時、
やたらハイがうるさい音だったんです…

YouTubeの動画と全然イメージちがう!
…と思わず叫んでしまいましたが、プレゼンスがほぼMAXだったんです(–;)

トリマーは左に回しきるとゼロになりますが、
基本的にゼロでよいと思います^^

ちなみにプレゼンスを上げた時の音は、
ちょっと「MXR Distotion Ⅱ」にも似た音、
非常にタイトな音がでましたね。

あと気になった点が1つ、
ディストーションモードでギターボリュームを絞ったとき、
ボソボソといったノイズみたいなものがのるんですよ、、

たぶんオケの中で弾いたら気にならない程度ですが、
こういったものなのか、一度RE-Jの大林さんに
問い合わせしてみようと思います。

それ以外は申し分ない、見た目も含め、
管理人好みのオーバードライブペダルでした(^^)

うーん、良いもの作りますなー

コメント

タイトルとURLをコピーしました