ギターケーブル(シールド)は種類によって音が変わる?全11種類を比較検証!

みなさん、どんなケーブルを使ってますか?

エレキギター、ベースを弾いているなら、
ケーブル(シールド)は何かしら使っていますよね^^

当然のことながら、
ケーブルによっても「音」は変わります。

エフェクターを変えるより、
ケーブルを変えることで、
音作りが解消されることも多々あります。

僕もある時期からケーブルに興味を持ち、
あれこれ試してきました。

…で、全く興味がない時には、
ケーブルが断線気味でも気が付かず…
音抜けが悪かった、出音が小さかった、、
なんてこともありました^^;

ケーブルを買う優先順位は

ケーブルを変えるとき、
できればパッチケーブルに至るまで、
全てを変えたいところですが、
さすがに全部のケーブルを変えると…
結構な費用がかかります、、

ですのでまずは、
ギターからエフェクターまでの間を
替えてみることをおすすめします。

なぜならこの部分のケーブルを変えると、
音の変化がわかりやすいからです。

そこで僕が使ったことがある、
いくつかのケーブルを紹介しますので、
ケーブル選びの参考になれば幸いです^^

ケーブルによってどう音が変わるの?

本題のケーブルについてですが、
今はたくさんのメーカーから販売されていますので、
本当に悩んでしまいますよね、、

では各種ケーブルの音質を
主観ですがざっくり紹介していきます^^

まず僕が音の基準としているのが「MOGAMI 2524」です。

MOGAMI 2524

created by Rinker
MOGAMI
¥2,360(2021/08/02 11:03:50時点 Amazon調べ-詳細)

中域があり、ややブリッと鳴る。
歪ませてもクリーントでも芯のある音。
バイト感もあるケーブルで、
僕的にはギターらしい音のでるケーブル。

以下、この「MOGAMI 2524」と比べてのレビューしていきます。

Monster Cable Rock

音が太く、より中・低域がしっかりでる。
加工感はあり、癖は強く感じる。
歪ませるとツルンとした質感になる。

BELDEN 8412

created by Rinker
Belden
¥3,320(2021/08/02 11:03:51時点 Amazon調べ-詳細)

低域よりも中域のフォーカス、
歪ませるとブリッとした感じに鳴る。
中域の押し出し感に関しては、
「Monster Cable Rock」と比べても強め。

BELDEN 9778

created by Rinker
Belden
¥2,790(2021/08/02 04:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

「MOGAMI 2524」よりも
中域の出方は抑え目でトレブリーに感じる。
歪ませても抜けが良い印象。

GEORGE L’S Black

George L’sストレートプラグ付き155ゲージケーブル(ブラック、20フィート)

比較的フラットでスッキリした音像。
高域はやや丸みのある音、癖は比較的少ないが、
他のケーブルに比べると音は細いと感じる。

SOLID CABLES GT Series

created by Rinker
Solid Cables
¥9,091(2021/08/02 11:29:37時点 Amazon調べ-詳細)

コンプレッション感があり、
中高域などの出ていてほしい分は損なわれない印象。
ややダイレクト感が弱い気もするが、その分、弾きやすさを感じる。

ESP Custom Lab Cable

とにかくフラットで、
癖のなさでいうと今回紹介した中で一番かも。
「GEORGE L’S」よりも素直に感じるので、
ケーブルで個性を出したくないならアリ。

VOX VCC90 カールコード

個性的というか…音痩せしている?
と感じるぐらい音が丸く柔らかくなるため、
耳障りな高域をカットしたい場合には有効かも。

Live Line LE-1

「MOGAMI 2524」の中域をやや落とし、
落ち着いた音にした印象。

元気のある音ではありませんが、
必要最低限はきちんと鳴るため、価格帯からすればおすすめできるケーブル。

番外編

他にも試したものはあります。

例えば既に廃盤ですが、
「Fender Premium Platinum」があります。

Fender Premium Platinum

太く、歪ませる荒々しく歪みますが、
モンスターケーブルよりはギターにとって、
おいしいポイントはきちんと鳴る。そんなケーブルでした。

管理人が今使っているギターケーブルについて

ちなみに僕は現在、
ギターからエフェクターは「ORB J7-Phone Pro」。

エフェクターからアンプまでは「MOGAMI 2524」。

パッチケーブルは、
取り回しに優れる「Free The Tone」を使用しています。

ちなみに「ORB J7-Phone Pro」は、
癖は少なくフラットな音質ですが、中高域は確保されるため、
「GEORGE L’S」などに比べると太く感じます。

管理人
管理人

あと不思議なんですが、ギターボリュームを絞った時、高域の劣化も少なく感じるんですよね。そんなところも気に入って使っています^^

あと「MOGOMI 2524」を使っているのは、
中域を付加する感じがギターサウンドの、
出ておいてほしい部分を損なわないためですね。

以上!いかがでしたか?

別に高いケーブルが良いわけではなく、
自身の好みにあったケーブルと出会うことで、
より好みの音、エフェクターも選びやすくなるものです^^

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

管理人機材録
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました