「Buffalo Fx Evolution」Pete Cornish G-2をリファインしたエフェクターをレビュー

「Buffalo Fx Evolution」
エフェクターレビューです^^

Buffalo Fx Evolution
Buffalo Fx Evolution

「Buffalo Fx Evolution」は
「Pete Cornish G-2」をベースに、
より使いやすさを追求したペダルとのこと。

「Buffalo Fx」は他にも弾きましたが、
どれも印象がよかったので楽しみにしていました^^

サウンドレビュー

まずはじめにいっておきますと、
「G-2」は弾いたことがありません、、^^;

ですので試奏にあたり、
既にアップされている色々な動画を参考にサウンドチェックしました。

本家「G-2」との比較動画

こう見ると本家よりも扱いやすい印象を受けました。

実際に弾いてみた感じとして、
確かに各コントロールの効きもよく、
オーバードライブからファズまでゲインレンジも広いです。

出音はザラついた感がありながらもどこか上品、
太くも無駄なローもなく、アンサンブルの中での抜けは良さそうでした。

特に「Contour」のツマミが良く出来てて、
「Tone」と絡めることで多彩な音作りができます^^

「JC-120」で弾いてみて

いつものように試奏は、
「JC-120」と「ストラトキャスター」で行いました。

でも…「JC-120」では…
動画のような音にはなりませんでしたね^^;

「当たり前だろ!」

とツッコまれそうですが、
個人的には…非常に残念でした、、

念のため、「Evolution」の後ろに、
手持ちの歪みペダルを繋いで弾いてみましたが…
印象は変わりませんでした^^;

この「Buffalo Fx Evolution」を活かすなら、
チューブアンプを使ったほうが良いと思いました^^;

あと「ギルモアサウンド」がだせる!とのことですが、
「JC-120」なら「IRON BELL FUZZ」のほうが良いかもしれません。

それと気になった動画でいうと、
「RAT1」との比較動画もありました。

実は最近、「RAT1」を買い戻そうと思っていたので、
「Buffalo Fx Evolution」で代用がきけばよかったと思っていました^^

でも…「JC-120」だとこういった感じにはならなかったです^^;
結局「RATはRATを買おう」と結論に至りました(笑)

ボリュームへの追従性

これはなかなか良いと思います^^

特にオーバードライブ程度に歪ませた時なら、
手元でクリーンまでゲインを落とせます。

この状態ならピッキングニュアンスにも反応してくれます。

「G-2」はマフ系ベースと聞いていますが、
こういった反応性は僕が知る限り、他には…
「Septembersound Fuzz」ぐらいでしょうか^^

ただ「Evolution」のほうが、
幅広い歪みを作れるのはメリットですよね♪

使うならチューブアンプで使いたい!

…とここまで書いた感じだと、
微妙な印象を受けるかもしれませんが、
チューブアンプと絡めた時のポテンシャルは高いと思います^^

単に僕のスタイル、
「JC-120」などのトランジスタアンプも使う場合は…
ペダルのポテンシャルを発揮できないないかな、、と思っただけです。

マイチューブアンプを持っている人、
もしくはいつもチューブアンプを使う人なら、
非常に素晴らしいギアになり得るペダルだと思います!

created by Rinker
¥37,400(2021/08/02 06:08:04時点 楽天市場調べ-詳細)
管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Fuzz
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました