「6 Degrees FX Rodeo Drive」エフェクターレビュー!

6 Degrees FX RODEO DRIVE
6 Degrees FX RODEO DRIVE

Made In バンクーバー、
高品質なハンドメイドペダルと知られる「6 Degrees FX」。

この「Rodeo Drive」は、
ブルースブレイカーがベースになっている、
アンプライクオーバードライブとのことですね^^

スポンサーリンク

ペダルレビュー

筐体はやや大きめ、重量がありますが、
その中身を見てビックリしました^^;

6 Degrees FX RODEO DRIVE 基板

テンションの上がりそうなパーツが、
タレットボードにPoint to Pointで組まれています^^

カーボンコンポジション抵抗、
マロリーキャパシターに缶タイプオペアンプ、
とにかくパーツに拘って作られたペダルですが、

6 Degrees FX RODEO DRIVE 裏蓋

裏蓋もかなりイケてます(笑)

日本に入ってきたのは最近ですが、
シリアル=台数と考えるとそこまで、
台数が作られていないのかも知れませんね。

コントロール関係は、
ボリューム、トーン、ゲイン、
そして内部トリマーでミッドレンジをコントロールできます。

シンプルですが、
各ツマミのセッティング次第で
痒いところに手が届く音作りができます。

ちなみにサウンドキャラクターは、
トーンと内部トリマーで調整します。

ゲインレンジはブルースブレイカー系にしては、
かなり歪み、ドライブをゼロにしても軽く歪みます(※)。

※ギターはストラトで弾いた時でも

あとボリューム、
アウトプットレベルはそこまで高くないかな、と。

クリーンブースターとして使うのは、
無理かもしれませんね^^;

アンプライクなクランチ〜オーバードライブ、
ディストーションサウンドを得るデバイス、
と思ってもらったほうが良いかもです^^

サウンドレビュー

試奏はギターはストラト、
アンプはJC−120で行いました。

基本全てのツマミを12時で良い音がする、
とのことなので、まずこのセッティングで弾きました。

…で、音を出した時…
正直期待ハズレというか拍子抜けしました、、

一応、ブルースブレイカーベース、
マーシャル系ペダルと思っていたので、
主張しすぎない艶のあるミッドレンジを期待してたんです。

こういった動画を見ちゃうと…

なんといいますか…
個人的にはすごくアッサリした音、
平坦な音に感じたんですよね、、^^;

アンプが「JC−120」なのも、
確かに大きいかもしれませんがそれでも…

中身を見た時に上がった、
テンションが下がったことは言うまでもありません(笑)

普通であればこれで終わりなんですが、
この「Rodeo Drive」には内部トリマーがあるんですよね。

6 Degrees FX RODEO DRIVE 基板
赤丸部分が内部トリマーですね^^

実はこの内部トリマーの設定次第で、
絶妙なサウンドセッティング、調整が出来るんです!

内部トリマーのセッティングがキモかも!

内部トリマーはミッドレンジを調整するもので、

時計回しでミッドレンジを強調し、
反時計回りでファットな音になる

といったものでおそらく、
デフォルトだと真ん中あたりに設定されているかと。

…で、ミッドレンジを強調する、
といってもバイト感が損なわれるほどではなく、
音にふくよかさ、立体感を与える感じです。

結果的に内部トリマーを時計回しにすると、
欲しかった艶、立体感が顔を出し、不満を解消してくれました^^

ちなみに反時計回りに回していくと、
フラット気味でハイ・ローがバンッと出る音になります。

僕が最終的に落ち着いたのは、
時計回しMAXとデフォルト設定の間ぐらいでした^^

あとマーシャル系ペダルとのことですが、
なんかそういったことでくくれないといいますか…

歪み自体はチューブサチュレーション感と、
適度なザラツキ感とコンプ感があるアンプっぽい歪みでして^^;

とにかく好みのセッティングを見つけてから、
気持ち良くて弾きまくってしまいました(笑)

ボリュームは上げ目にしたほうが良さげ

これは「Rodeo Drive」に
限った話ではないと思いますが、
特にこのペダルはボリュームは上げ目に使ったほうが良いです^^

Rodeo Drive

こんな感じのちょっと…
過激なセッティングが結構ツボでした(笑)

これは聞いた話ですが、
何でも使われているパーツからしても、
ボリュームは上げ目にしたほうが良いとか。

実際、ボリュームを上げることで、
ダイナミクスレンジもグッと広がりますし、
ギターボリュームを絞った時の音も腰砕けしにくくなります。

ギターボリュームを絞った時の音が絶品でした

何より驚いたのが歪み以上に、
ギターボリュームを絞った時の音です^^;

これが…バイト感が損なわれず、
ピッキングニュアンスの再現性が非常に高いんですよね。

文章では伝わりにくいんですが…

例えば、ピッキングした時、
クッと鳴る喰いつき感…

これがアンプっぽさを感じるんじゃないでしょうか。

個人的にはこの「Rodeo Drive」、
プリアンプ的に使ってみたいと思いました^^

まとめ

僕はいろいろな意味で衝撃を受けました(笑)が、
このペダルも銘機といっても良いかなと。

僕が今まで弾いた、
VS-BB」「Morning Glory
などのブルースブレイカー系ペダルの中では、
トップクラスに反応性の高いペダルでした^^

決して安価なペダルではないですが、
この作りで考えると…かなり頑張ってると思いますし(笑)

それともし音出ししてみて、
「微妙だな…」と思った場合は是非、
内部トリマーをいじってみてほしいと思います^^

あと18Vでも駆動するそうです。また試してみたいと思います!

created by Rinker
6 Degrees FX
¥26,180(2020/05/24 14:57:19時点 Amazon調べ-詳細)

他のモデルも気になる…^^;

他の「6 Degrees FX」ですが、

  • RAT系ペダルの「R3 Distortion」
  • TS系ペダルの「Sally Drive Classic」
  • Fuzz Face&Big muff系ペダル「Millie Fuzz」

が入ってきました。

管理人
管理人

「Sally Drive Classic」のレビューアップしました!レビューは→こちら

どれも魅力的ですが、
個人的にはちょっとブームのRAT系ペダル、
「R3 Distortion」が気になってます(笑)

この「R3 Distortion」ですが、
3タイプのクリッピング切り替えが用意されていることです。

各クリッピングのサウンドイメージとしては、

ゲルマニウムモード

ファットで重たいミッドレンジのファズライクなトーン。70年代のオールドスクールなトーン。

アシンメトリカルモード

非対称クリッピングにより最もチューブアンプライクでフルボディなサウンドとなるモード。80年代のオーバードライブトーンが得られる。

シリコンモード

コンプレッションと飽和感の強い、ローの重たいサウンド。90年代のリフやシュレッドサウンドに最適。同時にレスポンスを失うこともない。

そうで、非常に興味深いものとなっています(笑)

それと「Rodeo Drive」同様、
内部トリマーでミッドレンジコントロールも可能です。

こちらも是非試してみたいペダルですね^^

余談

「6 Degrees FX」のペダルですが、
カスタムカラーが存在するみたいですね。

でも筐体に入ったストライプはシールなんですよね…(笑)

どうせなら塗装にして欲しいです^^;

あと「Under Glow」といったオプションで、

grande


Photo By http://6degreesfx.com/

筐体下部を光らせることもできるみたいです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました