備忘録~メインで使えるおすすめの歪みエフェクター~(2013/11)

備忘録を兼ね、
2013年11月におすすめだ!と思った、
メインで使える歪みエフェクターを紹介します^^

スポンサーリンク

Fulltone OCD

まず一つは「Fulltone OCD」です^^

新商品ではありませんし、
周りからも「今更OCD?」とも言われますが「OCD」は良いです。

僕自身、最近のメイン歪みエフェクターとして、愛用しているペダルです♪

僕のいつも使っているスタジオのアンプなら、
大体はMarshall JCM2000かJC-120なんですが、
こういったアンプはもちろんのこと、他のアンプでも使えます。

僕はアンプをクリーンがでるようにセッティング、
あとは歪みエフェクターをプリアンプ的に、
手元で歪みを調整することが多いです。

「OCD」はこのコントロールが、
アンプが変わっても非常にしやすいんです。

トーンもよく効きますし、ゲインレンジも広いので、
最低1台でもなんとかなります^^

あと前段に置くブースターペダルもあまり選びません。
他のペダルとの相性も良いと思います。

どこでもそれなりの活躍をしてくれる、
そんなエフェクターが「OCD」ではないでしょうか。

「OCD」の話題となると、
周りでは「初期型のほうが音が太い」
といった話もありましたね。

確かに初期型は音は太いです。
でもバンドアンサンブルの中だと僕の場合、
ちょっと音抜けが悪く感じちゃうんですよ、、

どっちが良い、悪いではなくて、
まさに好みは人それぞれですよね(笑)

JHS Pedals Moonshine Overdrive

二つ目は「JHS Pedals Moonshine Overdrive」です^^

これは最近でたもので結構独特な出音なんですが、
すごく実用性のあるオーバードライブペダルだと思います。

コンプレッションがある割に、
反応性は損なわれず、サスティンもある、
バッキングからリードサウンドまでカバーする、
ゲインレンジの広さも兼ね備えています。

あまり見かけないエフェクターかもしれませんが、
僕の中では「欲しいエフェクター」候補の一つですね^^

しかし11月はエフェクターだけでなく、
ファイヤーバードだったり、

gibson firebird 1990

グレタだったりと、
アンプやギターも試していた月だったですね(笑)

fender greta amp

先日は「Fender Champ 12」も弾きました^^

これまた結構良かった、といいますか、
好みのクリーントーンがだせるアンプでしたね♪

物欲は尽きませんね^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました