「Whirlwind Orange Box」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Whirlwind Orange Box

Whirlwind Orange Box

「Whirlwind Orange Box」は、
「MXR Phase90 1974’s」を再現したハンドメイドペダルです。

「Whirlwind」は音響機器では結構有名で、
ギターケーブルなんかも作っていたそうです。

…で、実はこの「Whirlwind 」、
MXRの創始者であるマイケル・ライアコナ氏
が関わっているんですね。

ですので言ってみれば、
名前は違えど本家から復刻された、
「Phase90」といえるわけです^^

サウンドレビュー

以前にレビューした、
1974年製のPhase90サウンドには、

MXR Phase90 1974's Script Logo BUD BOX

MXR Phase90 1974’s Script Logo BUD BOX

「Whirlwind Orange Box」が近いなと。

この比較動画が、

言いたいことを集約してくれていますし、
僕もヴィンテージとの比較動画を撮ってみましたが、

中低域あたりにかかるエフェクト音や、
ジュワ~とした感じこそ弱いものの、雰囲気はありますね。

また現行「MXR」のスクリプトロゴのものよりは、

良い意味でのエグさが感じられ、
原音に対して素直にエフェクトがかかる印象ですね^^

特に薄めにエフェクトをかけた時、

Whirlwind Orange Box

特にこのぐらいのセッティングだと、
気持ちよくフェイズサウンドがかかりますね♪

また変に音量が上がることもないので、
コードワーク、カッティングプレイに、
「Whirlwind Orange Box」は使いやすいかと。

↓Fender Stratocaster

↓Gibson Lespaul Deluxe

あと僕の場合、
ファズと絡めて使うのが結構好きで、

こんな使い方もよくしています^^

トータル的にみても僕は、
現行MXRのものよりも好きですね^^

また高価なヴィンテージを買うなら、
トゥルーバイパス、9V外部電源にも対応なので、

Whirlwind-Orange-Box-side

扱いやすいですね。

それと中身を見てみましたが、

Whirlwind Orange Box 基板

こんな感じでハンドメイド、
ちなみにヴィンテージPhase90の基板はこんな感じ、

MXR Phase90 1974's Script Logo BUD BOX 基板画像

こう見ると使っているパーツこそ違えど、
レイアウトは似ていますね^^

まとめ

僕は初め見た目で敬遠してましたが、
レプリカとしてのクオリティは非常に高いペダルでした。

ぼくもここに辿り着くまで、
色々試し、売り飛ばしてきましたが、
これを手に入れてからはずっと愛用しています^^

もし「Phase90」を買おうとしている人は、
是非一度、試してみてほしいです!

楽天市場で探す

Amazonで探す

サウンドハウスで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました