「Lovepedal SUPER SIX GREY GHOST Flat Mids mod」 エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Lovepedal SUPER SIX GREY GHOST

Lovepedal SUPER SIX GREY GHOST

この「SUPER SIX GREY GHOST」、
以前レビューした「Stevie Mod」の
バージョン違いで日本入荷25台とのことですね。

ペダルレビュー

ツマミは「ボリューム」「ゲイン」、
「トレブル」「ベース」の4つ。

ゲインは最小でクリーンに近い状態になり、
最大でオーバードライブ程度の歪みが得られます。

ただゲインはゼロではなく、
1~2ぐらいに上げたほうが音にハリ感はでます。

ゲインを上げた時の音は、
「Stevie Mod」と比べると、
確かに中域はそこまで強調されず、
コンプ感は弱めになっている印象でした。

そのためか「Stevie Mod」より、
歪まない印象も持ちましたね。

「トレブル」「ミドル」は緩やかですが、
最後の二目盛りぐらいでグッと効きが増します。

「トレブル」上げていき、
バキンと鳴る感じはフェンダーらしさを感じますね。

「ベース」は上げていくと、
太さを伴いつつ、MAXにすると、
暑苦しさ一歩手前ぐらいまで低域は強調されます。

どのツマミも連動しての音決めですが、
基本的には12時からスタート、もしくは、
MAXの状態から削っていくのもありですね。

ちなみに「ゲイン」を下げた時は、
「トレブル」「ベース」は上げたほうが、
しっかりとしたクリーンが鳴る印象でした。

ノーマル「SUPER SIX」と比較してみた

今回は、

とガチで比較してみました。

…というのもノーマル「SUPER SIX」、
すごく良い感じのクリーンを鳴らせるのですが、
歪まないというのが難点でして、、

ノーマル「SUPER SIX」の音そのままに、
ナチュラルに歪んでくれれば…

しかし期待した「SUPER SIX」独特の、
艶・ハリ感を伴ったままは歪んでくれませんでした、、

決して音が悪いわけではないのですが、
比べると立体感・奥行き感が物足りないなぁ…と。

せめて「ゲイン」を下げた時、
「SUPER SIX」同様のクリーンサウンドが得られば…
とも思いましたがそれも叶いませんでした^^;

決してダメなペダルではない

僕が望む音ではなかったのですが、
オーバードライブペダルとしては優秀です。

アウトプットレベルは高いので、
クリーンブースターとしてはもちろん、
良質なクランチプリアンプペダルとしても使えます。

ピッキングへのレスポンスも良く、
ギターボリュームを絞った時でも、
腰砕けしないクリーンが得られるのは、
「Lovepedal」らしいですね。

また「Stevie Mod」よりは、
「SUPER SIX」に近いサウンドには感じましたね。

それと「Flat Mids mod」と言うだけあり、
「Stevie Mod」よりフラットな歪みなので、
聴感上、ダイレクト感ある音に僕は感じました^^

まとめ

期待しすぎたのもありましたが、
ちょっと残念だったのは確かです、、

それと思ったことが、
昔の「Lovepedal」に比べると、
ヴィンテージアンプっぽさが弱くなった…
そんな気がするのは僕だけでしょうか。

ただその分、弾きやすく、
使いやすくなったのはありますけどね^^

ちょっとモダンなフェンダー系サウンド、
そんな印象のペダルでした。

ちなみに普段使っている、
「Sick As」や「Fish Factory」とも比較しましたが、

Menatone The Fish Factory

Menatone The Fish Factory

劣るものではなかったです。

この2機種を持っていなければ、
レア度も含め、購入していたかもですね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました