「Lovepedal Amp Eleven Gold」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Lovepedal Amp Eleven Gold

Lovepedal Amp Eleven Gold

「Amp Eleven」は僕も、
発売したばかりのものを一時期使っていましたが、

Lovepedal Amp Elevenの画像

Lovepedal Amp Eleven

廃盤が惜しまれたエフェクターの一つでした。

そして今回の「Gold」は、
ブーストチャンネルが独立して使るのと、
なんと…「COT50」の回路を採用しているとか。

今までとは仕様が変わったと予想させる、
楽しみにしていたペダルでした。

サウンドレビュー

コレ、やっぱり良いです^^

それと相変わらず、
JC-120でもナチュラルでチューブライクな、
ドライブサウンドが得られます^^

ペダルは2チャンネル仕様になっていまして、
左はドライブチャンネル、右がブーストチャンネルです。

ドライブチャンネルについて

ドライブチャンネルのコントロールは、
「ドライブ」「ボリューム」、EQは「ベース」「トーン」です。

特に追加されたコントロールはなく、
以前と変わらず、相変わらずEQの効きは良いです。

調整次第でかなりファットにもなりますし、
エッジ効いたサウンドにもなります。

ギターはシングルでもハムバッカーでも、
問題なく使えると思います。

あと各チャンネルともにいえますが、
歪みのニュアンスは「変わった」という印象を受けました。

ドライブチャンネルにおいては、
以前よりもよりオーバードライブっぽくなったと思います。

スムーズに歪むといいますか、
コンプレッション感がやや強くなったかな、と。

その分、ギターボリュームを絞った時の音の、
艶感・ハリ感はちょっと…弱くなっているかも^^;

個人的にはちょっと残念に思いましたが、
ブーストチャンネルを弾いて驚かされました(笑)

ブーストチャンネルについて

「Boost」と表記されていますが、
今回は単独でも使用できるのが特徴です。

そしてこのブースターチャンネルが、
「COT50」が組み込まれているとか。

確かにツマミを上げていくと、
JC-120+ストラトでもクランチ程度まで歪みました。

ただ…僕が好きだった「COT50」よりも…
マイルドなオーバードライブ系の音でした^^;

どちらかというと「TCHULA」っぽい感じがしましたね。

そしてボリュームを絞っていくと…
艶やかでハリのあるクリーンになります^^

歪みながらも弦音はしっかり感じることができます。

それとJC-120臭さを軽減できるので、
かなり気持ちよく弾けました。

ブーストチャンネルはメインODとしても使えます

ちなみに僕ならブーストチャンネルを常時ONで、
リードサウンドを得たい時にドライブチャンネルをONにする、
そんな使い方をすると思います。

ただブーストチャンネルはONにした時、
グッと音量が上がるので、アンプのボリュームは下げたほうがよいかも^^;

ちなみに両チャネルをONにした時は、
以前の「Amp Eleven」のように、中低域が強調されません。

割とエッジが強調されながらゲインを稼げます。

でもドライブチャネルを
ブースターとして使うのであれば、
EQで調整できるので、太いリードサウンドも作れます♪

また歪み量自体は、
ミドルゲインぐらいまではカバーしてくれます。

今回のアンプイレブンも良い仕上がりでしたね^^

楽天市場で探す

Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました