「Gibson Firebird V 1990年製」ギターレビュー!

スポンサーリンク

gibson firebird 1990

今回レビューする「Gibson Firebird」は、
ファイヤーバードがリイシューとして復刻された、
初年度の1990年製、「First Year」のものです。


仕様としましては、スルーネック構造、
そしてペグはバンジョーペグ、

Firebird バンジョーペグ

ストップテイルピース&ABR-1、
そしてミニハムバッカー、

Gibson Firebird

ブリッジは板バネではないので、
ドンズバの「Gibson Firebird V」とは
いいませんが、全体的な形状はヴィンテージらしい、
雰囲気をもったモデルといるでしょう。

Gibson Firebird

この鳥のマークもカッコいいですよね♪

ちなみに現行品のファイヤーバードは、
ペグが違います。

現行品のファイヤーバードのペグは、
「スタインバーガー・ギアレス・チューナー」
が搭載されています。

スタインバーガー・ギアレス・チューナー

チューニングの安定性は上がっているみたいですが、
個人的には、バンジョーペグ仕様の、
ファイヤーバードが好きです^^

サウンドレビュー

さて、このギターのファーストインプレッション、
ギターの構造、ミニハムバッカーも相まってか、

適度に太くもトレブリーなサウンドがだせる

そんなギターだな~と。

今回レビューしているファイヤーバードは、
正にこの動画と同年代のものですね^^

薄くコンプをかけたような、
音がはじけるようなニュアンスもあります。

あとピックアップのミニハムバッカーですが、
P-90より中域はあっさりしていますし、
ハムバッカーほど低域はでません。

そのためか、
全体的に抜けの良い音がだせますので、
フロントピックアップ側で弾いた時でも、
抜けの良いサウンドがだせます。

それと当たり前ですが、
ハムバッカーほど歪まないのもあり、
クランチサウンドが作れるポイントも広いです。

このクランチサウンドがすごく好みでした^^

ロック・ブルースはもちろん、
ファンクのカッティングにも使えそうです。

普段愛用しているストラトとは、
全然音は違うというものの、僕の中では・・・
十分に「使える」「あり!」な音でしたね♪

余談

余談となりますが「Gibson Firebird」、
ギターを教えてもらっていた方や、
友人が弾いていました。

そしてそのファイヤーバードの音は、
どれも憧れる、カッコいい音を奏でていました。

憧れでしたね^^

あとはベタですが、
「Johhny Winter」氏ですね♪

彼のように風に弾けたら…最高でしょうね^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました