「Electro Harmonix Big Muff Pi Ram’s Head」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

マフ好きならいつかは手に入れたい!
「Electro-Harmonix BIG MUFF π Rams Head」
サウンドレビューです!

スポンサーリンク

今回、比較する「Rams Head」はコレ

これぞラムズヘッド!という筐体ですね!

Electro-Harmonix BIG MUFF π Rams Head
機材協力:Thanks! きになるおもちゃ

「Rams Head」は人生で弾いた、
2台目のラムズヘッドになります。

1台目はかなり前ですが、楽器屋さんで偶然、
中古で入荷したものを触らさせてもらいました。

「Violet Ram’s Head」

Electro Harmonix RAMS HEAD early 1970

いわゆるバイオレットラムと呼ばれるタイプのものです。
結構レアみたいで高値で取引されていますよね。

サウンドレビュー

音の違いは記憶を思い出してみても、
やはり個体差のせいなのか…音は違いました。

今回弾いたものは、
比較的ディストーション寄り、
「バイオレットラム」はオーバードライブ寄りでした。

↓同じ「Violet Ram’s Head」でも、よりまろやかなサウンドでしたね。

でも年代、パーツの個体差があるので、
一概に音の傾向が言えないのがレビュー泣かせです^^;

僕もロシアンマフの時がそうでしたが、
実際に弾いてみて「自分好み」のものを見つける、
これも楽しみの一つでしょうね^^

今回弾かさせていただいたラムズヘッドですが、
ディストーションっぽいとはいえ、やはりどこか温かみのある、
太さを感じさせる密度の高いファズサウンド。

これはヴィンテージならではないでしょうか。

Electro Harmonix Big Muff Pi Ram’s Headの動画から比較

-Sound Sample Movie集-

ゲインは総じて言えると思いますが、
ロシアンマフや現行ビッグマフと比べると低めですよね。

それと単体で歪ませても使えるあたりは、
現行品のビッグマフとは明らかに異なります。

スイッチャーなどに組み込んで、
これ単体で鳴らしても十分に良い音がしそうです^^

ツマミは「ボリューム」「トーン」「サスティン」、
あと筐体上部に電源オンオフのマスタースイッチがあります。

ツマミの向きはバラバラ、
これもまた「味」ですよね(笑)

まとめ

ラムズヘッドの中には、
中域が出すぎているもの、サスティンがない、
ゲインが低すぎるものがあるとも聞きますが、
僕が弾いたラムズヘッドにはそういったものはなかったですね。

強いていえば「D*A*M Ram Head」、
これは中域がプッシュされた音だったでしょうか^^;

「D*A*M Ram Head」
D*A*M RAM HEAD

ちなみに僕が愛用している、
「September Sound Fuzz」と比較してみると、
やはり音の温かみは「Ram’s Head」に分がありました。

「September Sound Fuzz」
September Sound Fuzz

ただ使えるセッティングのポイントの多さは、
「D*A*M Ram Head」「September Sound Fuzz」に分があります。

耐久性、音もなかなか良い勝負をしますので、
「D*A*M Ram Head」「September Sound Fuzz」は、
使いやすく、安心して使えるかもしれませんね。
(ノイズも少ないです)

ん~でもラムズヘッド、
いつかは手元に置いてみたいですね^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました