「Chocolate Electronics Velvet Driver」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
Chocolate Electronics Velvet Driver

Chocolate Electronics Velvet Driver

「Chocolate Electronics」、
このブランドさんも気になっていました♪

ペダルはハンドメイド、
筐体もレリック加工が施されるなど、
見た目からも良さげな雰囲気を醸しだしていました(笑)

サウンドレビュー

アンプは「JC-120」、
それとギターはストラトで試しました。

これ、適度なコンプ感がある、
ローゲインオーバードライブペダルですね。

「JC-120」だったら「Drive」をフルにしても、
クランチ~オーバードライブぐらい。

サウンドキャラクターはウォームでナチュラル、
「JC-120」の出音を柔らかくしてくれる印象でした。

コントロールは四つ、
「Volume」「Drive」「Treble」「Bass」。

「Volume」のアウトプットレベルは高いので、
ブースターとしても使えます。

…といいますか、
アンプのブースターとして使ったほうが良さそうですね(笑)

「Treble」「Bass」は基本、
12時の位置からでOKだと思います。

僕は特に不満はなかったです^^

ちなみに「Treble」「Bass」の効きは良いです。

「Bass」は上げていくと、
徐々に低域がブーストされていきます。

そういえばこの感じ…「Timmy」みたいです(笑)

ただこの「Velvet Driver」は、
「Timmy」よりも太さとコンプ感があります。
そして「Timmy」ほど歪みません。

回路的にも、

FETとバイポーラトランジスタによる
オールディスクリート回路で構成されている

そうなので、別物でしょうけどね^^;

それと「drive」ノブを上げていくと、
ローの太さが強調されるとメーカー説明にあります。

実際に弾いた時はそういった感じよりも、
程よく飽和感が足され歪んでいくといった印象を受けました^^

突飛な感があるわけでもなく癖もない、
普通に使いやすいオーバードライブぺダルでした^^

ただその分…
「物足りない」と思う人もいるかもですね(笑)

楽天市場で探す

Amazonで探す


コメント

タイトルとURLをコピーしました