「BOSS DM-1 Delay Machine」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
BOSS DM-1 Delay Machine

BOSS DM-1 Delay Machine

Thanks きになるおもちゃ

知らない人もいるかも?
実はBOSSにこんなディレイペダルがあったんです。

ステレオアウト仕様、
CCD素子を採用したアナログディレイです(※)。

※情報元:https://www.bossus.com

とにかく…情報が少なく、謎の多いペダル…

1978年から数年の間、
作られたという情報を見かけますが、
今回お借りしたものは76年製と思われるもの。
(製造番号から判断するに)

ちなみにBOSS公式サイトにはDM-1の説明書もあります。

印刷年を見ると1978年とありますが、
他のペダルを見る限り、発売初年度の説明書ではなさそう(※)。

※CE-1も発売は1976年ですがマニュアルは1982年でした

仮に76年製となるとおそらく…
フロアタイプペダルでは世界で最も古い、
ディレイペダルではないでしょうか。

ペダルレビュー

シンプルなディレイで、
ツマミはDELAY TIME、INTENSITY(リピート)、
BALANCE(ディレイレベル)の3つ。

BOSS DM-1 コントロール部分

電源は以前レビューしたCE-1同様、
本体からケーブルが直に生えています。

またCE-1のような、
プリアンプ効果も期待しましたが、
インプットレベルの調整のみ。

インプットレベルが3段階で調整できます。

BOSS DM-1 Input Level

もし音が歪むようであれば、
dBカットするという仕様みたいですね。

また0dBの状態ですと、
ノイズはやや気になりますが、
古い物なのでこんなものでしょうね。

状態も非常に良く、
年代からすると奇跡的な個体でした^^

サウンドレビュー

アナログディレイ、
エコーとも呼べる耳馴染みの良い、
ディレイサウンドです。

リピートタイムは短いですし、
エフェクトONにすると音量も下がりますが、
スラップエコー風に使うと雰囲気がありますね。

バイパス音はさすがに痩せます。
味わい深くなるとも解釈できますが(笑)

ディレイペダルとしては、
後発のDM-2のほうがさすがに使いやすい。

Thanks @ConstipatedBeck

ただこのDM-1ならでは、
味わいのあるディレイサウンド、
他に同じような物が思いつかないですし…
これは価値のあるペダルだなと。

エフェクトのかかり方的に、
僕は歪ませたサウンドと組み合わせるのが好みでした。

原音に柔らかさと奥行き、
包み込んでくれる感じが何とも癖になりますね。

それと動画の2:23あたり、

スペーシーな雰囲気といいますか…
このサウンド、僕は癖になりました( ̄▽ ̄)

そして特質すべきはすぐに発信すること!

リピートタイムが短く感じたのも、
もう少しリピートさせたいポイントで…発信します^^;

ただ、発信音のコントロールはしやすかったので、
これは…発信音マシンとして採用したくなりました(笑)

まとめ

ディレイペダルとしてなら、
性能の良いものは他にもあります。

しかしこのペダルでしか出せない雰囲気…

僕の場合で言うとCE-1もそうですが、
ハマるとなかなか他に代用品が見つからない、
厄介なペダルといえますね。

ディレイペダルの歴史に名を刻む、
貴重なモノを弾かせてもらえて感謝です^^

あと…魅力といえば、
この無駄とも言えるデカさですね。
存在感がハンパないです(笑)

こういう大きなペダル、
足元にあったらニンマリしてしまいますね( ̄▽ ̄)

ただ、CE-1もそうですけど…
エフェクターボードに入れようと思うと、
ボードサイズの巨大化は必死です^^;


コメント

タイトルとURLをコピーしました