ビッグマフを繋ぐ順番って?Big Muff系ペダルと他の歪みペダルを繋ぐ方法!

スポンサーリンク

先日レビューしたロシアンマフで、

Sovtek Russian Big Muff Tall Font

Sovtek Russian Big Muff Tall Font

ふと思ったことがあるので記事を書きます。

Big Muff系ペダルを使われている方であれば、

  • Big Muff系ペダル単体で使用している方
  • 他の歪みエフェクターと併用している方

がいらっしゃるのではないでしょうか?

後者、他のエフェクターと併用する場合、
Big Muff系ペダルの前段になんらかの、
歪みエフェクターを踏んでいるといった使い方です。

例えば、TS系エフェクター→Big Muff系ペダルといった感じです。

この前段に他の歪みエフェクターによっては、
後段に繋ぐBig Muff系ペダルの良さが活きる可能性があるからです。

スポンサーリンク

前段に繋げるならどんな歪みエフェクターが良い?

前段に繋げるエフェクターはなんでも良いのか?
というと…やはり相性の善し悪しというものがあります^^;

最近の記憶の中で相性がイマイチであったものでいいますと、
Bogner Red」を前段に繋ぐのはイマイチでした、、

マフのエッジ感がなくなり、
ムンムンと飽和感が出てしまい抜けが悪くなりました、、

そう…後段に繋ぐマフ系エフェクターの良さを殺してました^^;

最近管理人が使っている、
LAZY J CRUISER」も相性は良くない印象でした。

それに対して使えるものでいうと、
BOSSの歪みエフェクターシリーズや、
TS系エフェクターは相性良く使える印象があります。

総じて、アンプモデリング系や
ディストーション系エフェクターより、
オーバードライブ系エフェクターのほうが相性が良いと感じました。

でも「Catalinbread Dirty Little Secret MKⅡ」も相性は良かったですね^^

ちなみに、ここでいう「相性の良さ」は、
抜けが悪くなりがちなマフサウンドを抜け良く、
特有の音圧感を損なわず、アウトプットさせることができることを指します。

マフ系のエフェクターって世に沢山ありますし、
使っているアンプによっても「相性の良さ」は変わります。

アンプ選びもポイント

とりあえずアンプはJC-120のように、
完全にクリーンが出せるアンプのほうが良いかもしれませんね。

そしてマフ系のエフェクターですが、
本家Electro HarmonixのBig Muff、
Big Muff Originalが一番、
エフェクター2個踏みの恩恵を受けるんじゃないかなと。

electro-harmonix Big Muff original

単体での音がダメとはいいませんが、
明らかに前段に歪みエフェクターを踏んだ方が「抜け感・凶暴さ」が増すからです。

ただ、本家Electro Harmonixのマフでも、
「Big Muff with Tone Wicker」は相性が悪く感じました。

回路的なものかわかりませんが、
他のエレハモのBig Muffエフェクターとは明らかにニュアンスが違いました。

ですので、Big Muff Originalや
Little Big Muff、Russian Muffあたりが、
管理人的にはおすすめです!

管理人が使ってきたマフ系エフェクターは、
管理人のマフ(Big Muff)系エフェクター遍歴」で紹介していますが、
「Big Muff with Tone Wicker」と「Skreddy Pedals Lunar Module」
以外は歪みエフェクターと相性を合わせやすかったですね^^

参考になれば幸いです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました