「LAZY J CRUISER」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク
lazy j cruiser

「LAZY J」はUK製、
アンプメーカーのペダルだそうですね。

アンプメーカーの作るペダルは
高品位なものが多いように感じますが、
この「LAZY J CRUISER」も正にそうです。

ただフェンダー系エフェクター、
Tweed系サウンドに限定したサウンドではなく、
「SAT」のツマミによってかなり幅広いサウンドも可能、
クリーンブースターとしても使えるペダルです。

スポンサーリンク

サウンドレビュー

このぺダル、個人的にかなりツボでした^^

コントロールは「Gain」と「Vol」のみ
を触っている時はブースターからオーバードライブサウンド。

「Drive」を上げていくと、
オーバードライブからファズっぽいサウンドが得られます^^

「Vol」と「Gain」のみをコントロールすると、
クリーンブーストサウンドも得られますが、
原音の加工感が少ないクリーンブーストですね。

この状態から「Gain」をあげることで、
ゲインブースターとしても機能しますし、
野太いオーバードライブサウンドも得られます。

そしてこのペダルの面白いところが、
「Drive」を上げていった時です。

ブーストモードからオーバードライブモードに
切り替わる仕様なんですね。

オーバードライブとして機能すると、
「SAT」「Gain」「Drive」のツマミを
連動させて音を作っていきます。

独自の「SAT」ツマミについて

「SAT」のツマミですが、
おそらくサチュレーションのことだと思いますが、
3段階の切り替えができます。

左に回していくと、
コンプレッションあるリード向きのサウンド。

右に回していくと、
ダイレクト感あるハリのあるサウンドが出せます。

「SAT」を切り替えることで、
かなり歪みのキャラクターが変わります。

ちなみに「Drive」を上げていかないと、
SATのツマミの効果はあらわれませんのでご注意を(笑)

それと「SAT」を右に回した時の、
タッチニュアンスの高さはかなりよいです。

普通に使うならこのモードですね。
ただピッキングの粗さが目立ちやすくなります(苦笑)

「SAT」を中央にした時は、
ややタイトめな感じになりますね。

コンプ感が増してるので、
そう聞こえるのかもしれません。

管理人的にはSATを左に回した時は、
コンプレッションあるサウンド、これが結構ツボでした。

普通は埋もれがちになりそうな、
ハードドライブサウンドもそういった印象がなかったです。

ヘヴィーなリフを弾くのが気持ちよかったですね^^

また「Gain」「Drive」をフルにすると、
ファズっぽいリードサウンドが得られるのもツボでしたね!

音質傾向は割とフラットですが、
ちゃんとミドルもあって耳に痛くないハイもある。

正にハイミッドがしっかりでているので、
出音のバランスは良いと感じました。

ギターボリュームへの追従性について

ギターボリュームを絞った時、
クリーントーンが実に素晴らしいです。

僕の中では「BD-2/Super」を超えました( ̄▽ ̄)

BD-2/Super

「BD-2/Super」をよりファットに、
そして艷やかにしたようなサウンドが得られます。

良質なプリアンプペダルであるといえます。

ちなみにトーンはありませんが、
そのことは気にならないペダルですね^^

「値段が高い」ですが、
フェンダー系のペダルで今までなかなか、
ピンっとこなかった…そんな方には是非試して欲しいなと。

おすすめです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました