「Snarling Dogs Whine-O Wah」エフェクターレビュー!

Snarling Dogs Whine-O Wah

サウンドキャラクターを3モード、
ブースト機能、ボリューム機能を搭載した多機能ワウ、
「Snarling Dogs Whine-O Wah」です。

このワウ、
あのジェフベックが使っていましたね!

スポンサーリンク

サウンドレビュー

搭載されている3モードはどれも使えます。

  • White Room
  • Voodoo
  • Shaft

「White Room」モードについて

このモードはちょっとベースワウっぽい感じ。
低域を強調したサウンドです。

一般的なワウとはかなりキャラクターが違います。

使いどころは選ぶと思いますが、
この手の音はなかなか他にないので面白いです。
(WH-10のベースモードよりは使いやすいかも)

「Voodoo」モードについて

歪ませた上でワウを踏むならこのモードがおすすめ。

低域はでますがその分リードも気持ちよく弾ける。
管理人はこのモードが一番好きでした。

「Shaft」モードについて

ちょっと高域が耳に付くかもしれませんが、
このモードがスタンダード系ワウサウンドとなります。

ただ普段WH-10使いの管理人は物足りないです。
Crybabyなどをお使いの方なら馴染むサウンドだと思います。

サイドにあるツマミは、
ワウエフェクトのボリューム調整が可能。

ワウってちょっとボリュームが下がるなぁ、、
なんて思っている方には嬉しい仕様だと思います。

それとフットスイッチが二つありますが、
一つはワウのON/OFF、もう一つがブースターのON/OFFです。

ワウのON/OFFは普通のワウペダル同様、
ペダルを踏めば切り替えできます。

ブースターは別に踏む形になります。

このブースター、HORMONE CONTROLというらしく、
ESTROGENとTESTOSTERONEという名称が付いていたんですね。

単にブースターだと思っていました、、
でも認識としては歪むブースター、って感じでOKだと思います。

ちなみにエフェクトをONにすると・・・
ペダル部分の犬の目が光ります!

こういう遊び心は好きですね♪

ちなみにこのワウ、
今ってあまり売られてないんですね、、

やっぱり重くて、
大きい(Crybabyなどよりも一回り大きい)、
あんまり需要がなかったんでしょうか。

そういえばあまり良い感じの動画もない^^;

音は良いのでおすすめではあるんですけどね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました