「Rockett Pedals MAX」エフェクターレビュー!

あの「Mark Sampson」氏が設計した、
「Rockett Pedals MAX」レビューです^^

Rockett Pedals MAX

「Rockett Pedals MAX」は、
いわゆるブースターペダルの類に入りますが、
「CHIME」という独自のコントロールを備えた、
独特な仕様を備えたペダルです^^


サウンドレビュー

この「Rockett Pedals MAX」、
プリアンプ的にもバッファー的にも、
使うことができるペダルです^^

J. Rockett Audio Designs Mark Sampson MAX

ただ、プリアンプといっても、
JC-120に繋いだ場合は、オーバードライブ的に、
歪むようなことはありません^^;

基本的にはアンプサウンドに、
ハリと艶感を加え、アウトプットしてくれます^^

この感じに「チューブアンプっぽさ」を、
感じる方も多いかもしれません。

それと出音のニュアンス自体は、
やや低域をプッシュ、音に煌びやかさを付加します。

「19Sixty3」のような感じもしますが、
「Rockett Pedals Mark Sampson High Top」のほうがニュアンスは近いかも。

この辺は「Mark Sampson」氏が
関わっているからかもしれませんね(笑)

独自コントロール「CHIME」について

「Rockett Pedals MAX」独特のコントロール、
それが「CHIME」です。

この「CHIME」、右に回していくと、
より一層煌びやかさが増していきます。

で、左に回していくと徐々に煌びやかさが減衰、
そして回しきる手前になると急に音がこもります(笑)

こもり方はかなり極端ですが、
ゲインブースターなどに使った時に、
ハイカット的に使えます。

これはブーストさせた時のサウンドに、
変化をつけることができるというわけです。

なかなか実戦的な仕様だと感じました。

「BOOST」について

「BOOST」は音量調整ですが、
アウトプットレベルはかなり高いので、
ブースターとして使っても余裕を感じます^^

そのためアンプやエフェクターを歪ませた状態の
前に繋いだ場合、グググッと歪みが増していきます。

それと「BOOST」を上げていくと、
歪みが増すだけでなく、音に厚みも加わっていきます。

アンプはもちろん、
エフェクターのゲインブースターとしても、
しっかり使えるところは好印象でした(^^)

それと左に回しきれば、
音量がゼロにもなりますね。

まとめ

とりあえず「JC-120」を歪ませたい、
という方にはちょっと違うかも、、^^;

「JC-120」に「艶感」や
「チューブアンプ」っぽいニュアンスを
加えたいという場合、この「MAX」は良いと思います。

とにかくこの「MAX」を繋ぐことで、
ヘタッたアンプでもはじけるような音に変える、
そんな印象も受けました^^

もしクリーントーンでプレイする、
機会が多い方であれば、気持ちの良くプレイできる、
ブースターペダルの一つだと思います^^

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上!「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー!レビュー依頼も随時受付中です!

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/



Booster&Buffer
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました