「Phantom fx × shun nokina Bells」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

Bells

この「Bells」ですが、
「BJFE Honey BEE OverDrive」をベースに制作されているんですね。

「1776」はいわゆるゲイン調整、
「BELL」は独特な効きをするトーンのようなものです。

「BELL」は「Honey BEE」同様、
12時よりも左に回していくと中低域よりの音となります。

でも「Honey BEE」ほど過激ではありません。

「BELL」を触っていて感じたのは、
ギターサウンドとしてオイシイ中域を中心に、
低域と中高域を足し引きするような効きをするんです。

ですので「Honey BEE」よりも、
この「Bells」の「BELL」の効きのほうが実用的ですよね(笑)

サウンドレビュー

ゲインはローゲインです。
いかにも!オーバードライブといえるペダルです。

今回アンプはいつもの如く、
JC-120で弾きましたが、ウォームなサウンドがだせました^^

相性はよかったですね。

ただ、真空管アンプの、
ゲインブースターとして使ってあげるとさらに良さそうです。

それと反応性に関してはまずまず良いです。

十分手元でゲインコントロールは効きます。

ギターボリュームを絞っていっても、
よく言われる「ダークな響き」を感じます。

これは「Little Grenn Wonder」などにも共通していますね。

で、サウンドキャラクターとしては、
程よいコンプレッション感と太さを兼ね備えています。

かなり弾いていて気持ちが良い音でした^^

それと非常にナチュラルなサウンド、
聞こえは悪いかもしれませんが「普通」なんです。

ただ「普通」といっても、
「普通に安心して使える、弾き心地の良い」サウンド。

こういったペダルが一台あると何かと助かるでしょう。

Sabbath MK2」もそうですが、
「phantom fx」さんのペダルは見た目がカッコいい!

特に「Bells」は筐体表面にクリアが吹かれ、
光沢感もありますv(^^)v素晴らしい。

ただちょっとお値段が高いのがネックですかね^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました