「MXR Custom Badass ’78 Distortion」ディストーションエフェクターをレビュー

MXR Custom Badass '78 Distortion

MXRといえば「ディストーション」、
そんな印象があるのは管理人だけでしょうか。

この「MXR Custom Badass ’78 Distortion」も
良くできたディストーションペダルの一つだと思っていますかと。

ザラついたソリッドな歪みの質感、
クランチ~オーバードライブ、
CRUNCHボタンを押すことでディストーションまでカバー、
ゲインの幅も広く、ギアー側でゲインコントロールも可能、
プリアンプ的な使い方ができる一台です。

サウンドレビュー

マーシャル系というと語弊があるかもしれませんが、
そんなニュアンスは感じることができます。

コントロールもいたってシンプル、
ツマミの効きBOSSペダルのように素直なので、
初心者の方でも扱いやすいペダルではないでしょうか。

ただ比較的、高域よりのチューニングがされているので、
アンプ側のトレブル、プレゼンスなどのセッティングは
いつもより控えめにしておいたほうが良いかも。

サンプルデモの歪みの質感が好きなら、
価格もお手頃なので、手元に置いておいても損はしないでしょう。

JC-120、Marshallアンプなどで試しましたが、
どちらも相性よく使える印象でした。

ストラトなど、
シングルコイルピックアップ搭載のギターなら、
CRUNCHボタンはONにしておいたほうが、
音も太くなりますね。

まとめ

個人的にはクランチサウンドのゲインセッティングで
ギター側でクリーン~クランチサウンドとコントロールする、
そんな使い方をした時の印象がよかったですね!

見た目もカッコ良いのも◎

筐体は他のMXRペダルに比べ、非常に軽量です。
(Distortion+などに比べても)

ギグバックに忍び込ませておくのもよいでしょうね^^

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Distortion
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました