「Lovepedal RH ETERNITY E11」エフェクターレビュー!

スポンサーリンク

アンディ・サマーズが使用している、
「ETERNITY」と同仕様!

75台限定発売された、
「Lovepedal RH ETERNITY E11」を弾いてきました!

Lovepedal RH ETERNITY E11

試奏した環境は、JC-120とストラト、
同ブランドの「Amp Eleven」と並べて弾きました。

サウンドレビュー

TS系とは聞いていましたが、
比較的すっきりした印象の歪みでしたね。

このあたりは「ETERNITY」っぽいですが、
通常の「ETERNITY」よりもワイルドなサウンドです。
それと中域を強調しすぎたサウンドではありません。

またこの特徴のおかげもあり、
JC-120のトランジスタ臭さを軽減もしてくれます。

個人的にこの点は大きな魅力を感じた^^

とにかく音作りの幅が半端なく広い!

クリーンブースターとしても使えますし、
また「Glass」というツマミのセッティング次第では、
トレブルブースターとしても使えます。

「Glass」はトーンみたいなものですが、
上げても音がペラペラにならず芯は残っているんですね。

「Glass」の設定次第で、
マイルドなトーンからソリッドなトーンまでカバーできます。
この「Glass」のツマミはよくできていると思います。

ゲイン(歪み)量について

「E11」のゲイン量は最大時で、
「Amp Eleven」のオーバードライブチャンネル、
ブーストチャンネルのゲインツマミをMAXにした時より、
やや多いぐらいです。

ストラトの場合だとディストーション、
とまではいかないかもしれませんが、
結構ゲインは稼げます。

ギターボリュームへの追従性について

ギターボリュームにもリニアに反応します。

ボリュームを絞ればちゃんと、
クリーントーンになるあたりは「Lovepedal」ならでは、
さすがです(^^)

でもこの時のクリーントーンは、
「Amp Eleven」のほうがツヤ・ハリがありますかね。

ただ総じて「Lovepedal」のペダルって、
ギターボリュームを絞った時のクリーンが、
艶やかなものが多いと思います。

「COT50」然り。
「Red Head」あたりのディストーションペダルでも
再現しているあたりは一貫しているように思えます。

Amp Elevenと比較してどう?

「Amp Eleven」と比べ、
中域から高域までのハイミッドがしっかりでているな、
という印象でした。

ただ「Amp Eleven」よりも、
コンプレッション感があるので歪んでいるように聴こえます。
この音は非常に弾きやすい音でしたね^^

また「Amp Eleven」のブーストチャンネルの音は、
低域でて苦手だなぁ~という人には「E11」はおすすめです!

あとTS系が苦手な方でも、
この「E11」なら弾けるのではないでしょうか。

おすすめの一台です!

コメント

  1. […] 「Lovepedal RH ETERNITY E11」「XOTiC BBP-AT」、 「JHS PEDALS Super Bolt」などなど・・・ […]

タイトルとURLをコピーしました