「Lovepedal Kalamazoo」レビュー!サウンド&生産時期の違いについて

「Klon Centaur」と比較されることも多い、
「Lovepedal Kalamazoo」を弾いてきました。

Lovepedal Kalamazoo

サウンドレビュー

個人的に「ブースター」として使用するペダル、
そんな位置づけで捉えていましたが、
単体で歪ませても十分使えるペダルですね。

そして「Lovepedal」の中でも、
なかなかにアンプライクなペダルだなと。

スタックアンプ系というより、
コンボアンプ系アンプのニュアンスを感じました。

EQの「Tone」と「Glass」の効きがよいので、
タイトなトーンからファットなサウンドもだせる、
思っていたよりも細かなサウンドセッティングができますね。

中でも「Glass」というツマミの効きは面白いです。

高域が強調されつつも音の太さを損なわない、
芯が残るニュアンスは素晴らしいなと^^

「Klon Centaur」と比べてどうか?ですが、
「Centaur」特有の癖感はそこまで感じず、
より透明感のあるサウンドだなという印象でした。

ちなみに先日レビューした、
「E11」よりもコンプレッションは弱め、
ダイレクト感と程よいザラつき感があり、バイト感もある印象を受けました。

ギターボリュームを絞った時、
クリーントーン…これはかなり良いです!

これは「COT50」や「Amp Eleven」に通ずるもので、
かなりツヤ感がある綺麗なクリーントーンをだせます。

ただアンプがクリーンの場合、
ちょっとゲイン量が物足りなさは感じました。

ちなみにJC-120で使っても、
いい感じのクランチサウンドはだせるのは魅力ですね。

なので、もう少し歪んでくれたら…
買っていたかもしれません^^;

良質なクリーン、ゲインブースター、
ライトゲインオーバードライブ、
そんなペダルを探している人には是非、
このカラマズーは試してほしいエフェクターですね!

生産時期によって音が違う

「Lovepedal Kalamazoo」ですが、生産時期によって音が違うとか。

これは友人のZAKさんの情報ですが、
発売して一年で3回、オペアンプが変わっているとか^^;

これはZAKさんの二台を開けたら全部違ったそうで…

  • 一番最初に日本に入ってきたもの
    …一番ローゲインで枯れた感じ
  • 二番目のもの
    …比較的音が細くて前に出ない感じ
  • 三番目のもの
    …ゲインが高めでモダンな感じ

だったそうで、
おそらく二番目のロットが一番多く、
国内に出回っていた可能性があること。

シリアル等はわかりませんが、
少なくとも…仕様が変わっていることは確かかと。

…で、僕の弾いたものはどれか?ですが、
ZAKさんと話した結果、最初に入ってきた個体だろうと。

ZAKさん所有の初期カラマズーをROOT20でモディファイしたものをお借りしました!

オペアンプ交換とゲインアップ用のミニスイッチがついています(モアゲインスイッチ、動画ではONにしています)が、オリジナルのニュアンスは感じられました。やはり、ぼくが弾いた個体は初期カラマズーかも。

ちなみにこちらの動画のカラマズーは筐体も変わった後の個体。

クローム筐体のものとはやはり…違う気がしました。

もしこのレビューを見て買っても、
音が異なる可能性がありますし、これは中古で買うにしても悩ましいペダルです^^;

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Booster&BufferOver Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました