ユニバイブ系エフェクター「Heaven’s Vibe」レアな限定バージョンをレビュー!

Heaven's Vibe
Heaven’s Vibe / 機材協力:Thanks! @bc183_l

知る人ぞ知る、
JunDogGod(犬神)氏が製作する、
「Heaven’s Vibe」というユニヴァイブクローン。

そしてそれも今回紹介するものは、
限定品のルックスもユニヴァイブを再現したものだそうです。

ペダルレビュー

オリジナルのユニヴァイブは、
資料などでしか見たことはありませんが、
見る限り…本物と見間違うような出来栄え、
そして…とにかく筐体はデカい(笑)

Heaven's-Vibe-and-bd-2

先日レビューした、
「Mini-Vibe」も大きいと思ったのですが、

Heaven's-Vibe-and-mini-vibe

かわいくみえるほど巨大です^^;

またペダル式なので、
フットコントロールもセットなのですが、

Heaven's-Vibe-pedal

これらをペダルボードに収めようと思うと…
至難の業であることは間違いありません^^;

ただ、この大きさからは、
想像できないぐらい…軽いです^^

各コントロールは、

Heaven's-Vibe-ctrl
  • Volume:アウトプットレベル
  • Intensity:エフェクト音のかかり具合

のツマミと至ってシンプル、
あとはコーラス・ヴィブラートの切り替えスイッチ、
エフェクトスピードはペダルで操作します。

サウンドレビュー

…で、レビューなんですが、
まずは先日紹介した「Mini-Vibe」の、
レビューを見てもらうとわかやすいかと^^

Sound Nagase Mini-Vibe
Sound Nagase Mini-Vibe

なぜなら僕の中で今まで弾いた中で、
ユニヴァイブ系は「Mini-Vibe」が一番、
それらしい音がするものと思っていました。

しかしこの「Heaven’s Vibe」こそ、
正にユニヴァイブサウンドなペダルと感じたからです。

なので、先に言っておくと、
僕が今まで弾いたユニヴァイブ系ペダルで、
印象の良かった順でいうと、

Heaven’s Vibe > Mini-Vibe > その他ユニヴァイブペダル

であるということです。

…という前置きから、
「Heaven’s Vibe」ですが、
エフェクトのかかり具合自体は、
「Mini-Vibe」ほど深く、激しくはないです。

しかし…音の根っこから揺れる感じや、
低音からゴッソリとエフェクトがかかるニュアンス、
グワングワンと脳みそを揺られる感じといいましょうか…

この感覚は実際に、
体感してもらうのが一番なんですが、
ジミヘンのユニヴァイブサウンドに近い…
僕はそう感じました。

…で、iPhoneのマイクで、
ちょっとしたサンプルを録ってみました。

ストラト+ブルースジュニア、
クリーンサウンドセッティング、
「Heaven’s Vibe」はコーラスモードで弾いてみましたが、

Mini-Vibe
Heaven’s Vibe

どちらも「Intensity」は3時ぐらいです。

エフェクトONにする前はバイパス音ですが、
各々に音が違うのは「Heaven’s Vibe」も、
バッファードタイプのためです。

バイパス音について

この「Heaven’s Vibe」もバッファードタイプ、
バッファ/プリアンプ効果が得られます。

音痩せしている感もありますが、
ナチュラルなサウンドイメージでした。

これは同じくバッファードタイプ、
「Mini-Vibe」のペダルレスタイプに近いので、

mini-vibe-pedalless

僕的にはバイパス音は結構好きでした^^

ただ、ペダルレスタイプより、
低域が出ているせいもあってか、
エフェクト音に迫力がでているとも感じました。

あとヴァイブサウンド、
太くうねる感じはファズと絡めると、
より強調されるかと。

この低域から揺れる感じは、
「Mini-Vibe」のペダル式タイプが、
ピカイチと今まで考えていましたが、
「Heaven’s Vibe」に軍配が上がる結果になりました^^;

ちなみに先ほどの、
サンプルセッティングのまま、
「Jim Dunlop MOR50-F1」と組み合わせ、録ってみました。

Jim Dunlop MOR50F1 Fuzz Face Japan Limited
Jim Dunlop MOR50F1 Fuzz Face Japan Limited
所長
所長

「MOR50-F1」は「Volume」「Fuzz」ともにMAXです

MOR50-F1→Mini-Vibe
MOR50-F1→Heaven’s Vibe

実際に感じる音圧感やニュアンス、
低域の出方はわからないかもですが…参考までに^^;

ヴィンテージ!Uni-Vibeと比較してみた

なんと…ヴィンテージ、Shin-ei(シンエイ)のユニヴァイブと比較できました!

Thanks @shunsaku5150

どうだったかのか?動画を撮ってみました。動画前半では各々を比較、動画後半ではゲルマファズフェイス(Organicsounds Orga Face 66)と併せて鳴らしてみました。

どんな音を狙っているのか?にもよりますが、僕は「Heaven’s Vibe」で十分かなと感じました。

所長
所長

ヴィンテージのユニヴァイブは117V駆動であるため、ステップアップトランスを使っています。それも…ちょっと面倒くさいです(笑)

で、揺れ方、揺れのスピードが違うのですが実はコレ、フットコントローラーも影響していることがわかりました。

フットコントローラーでも音が変わる…

フットコントローラー(エフェクトON/OFF、スピードを調整するペダル)で音が変わるとは思いもしなかったのですが、実際に試すと…確かに音が変わりました。

こちらも検証動画を撮りましたのでご覧ください。フットコントローラーはシンエイ(復刻版)とヘブンズバイブの物です。

ヘブンズバイブのほうが音が柔らかく、バイブサウンドも下から揺れる印象。シンエイのほうがスピードコントロールの幅が広いことがわかります。

ちなみにフットコントローラーを外してチェックしましたが、コーラスモードではエフェクトOFF状態にはならず、エフェクトが微妙にかかった…ちょっと気持ち悪い音になりました(ヴィブラートモードは大丈夫でした)。

つまりフットコントローラーがないと完全にエフェクトOFF(エフェクトキャンセル)にならないことから、サウンドにおいてフットコントローラーも影響すると考えられます。

これがフットコントローラーのプラグ、ケーブルなのか?ポットなのか…不明ですが、少なくとも音が変わってしまうことは確認できました。

なかなか換えの効かないペダルでもあるので…悩ましいですね、これは^^;

まとめ

この「Heaven’s Vibe」、
現行品クローンの中では最高峰ではないかと。

個人的にはfuzzface66さんのユニバイブクローンが気になりますが、

少なくとも僕が弾いた中では、
この「Heaven’s Vibe」がダントツなユニヴァイブなペダルでした。

なかなか見かけない上に、
かなり高価なペダルで(148,000円ほどの売価)
生産台数も少ないのですが、オリジナルのユニヴァイブだと、

Univox (Shin-Ei) Uni-Vibe U-915 - Super Clean with Original  Reverb
引用元:Reverb.com

大体300,000円前後する上、
状態の良いものと巡り会うのは至難、、

そう考えると、
決して高いものではないのかもしれませんね。

「Heaven’s Vibe」取り扱い店舗
「Heaven’s Vibe」公式サイト(携帯)

余談ですが、
ユニヴァイブが登場したのは1968年頃。

この時代のペダルって、
ファズフェイスなどもそうですが、
すごくデザインが良いなと。

今ではあのエレハモでさえ、
コンパクトになっていってますが、
無駄に大きいカッコよさ…実感しましたね^^

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Chorus
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました