スーパーオーバードライブがアンプライクになった「BOSS SD-1W」レビュー

BOSS SD-1W
BOSS SD-1W

「WAZA Craft Series」として、
「BOSS SD-1W」は「SD-1(Super Overdrive)」
を回路も一から見直されたという本機。

さらにミニスイッチによる2モード、
「S」「C」と2パターンのサウンドが選べます。

それとディスクリート回路に
変更されたとのことでどう変わったのか?
従来の「SD-1」と比較してきました!

サウンドレビュー

まずはじめにいっておくと…
従来の「SD-1」とは「S」モードでも音違いました^^;

歪みの質感こそ似ているものの、
一音一音の分離感がよく、中域のモコっとした感じが軽減されています。

あと「SD-1」特有のあの暖かみのある音が、
よりチューブドライブっぽくなった印象でした。

「SD-1」と思って弾くと期待を裏切られますが、
カッコいい歪み方をしてくれますね^^

これは…コストパフォーマンスが高いです。

「C」モードについて

カスタムモードにすると、
低域が増しそれに伴い音圧・太さもグッと増し、
甘くも太いオーバードライブサウンドが得られます。

僕はカスタムモードのほうが好きでしたね^^

「C」モードだけでも良いんじゃないの?
と思いました(笑)

ちょっと音圧感がですぎるかな?
とも思いましたがブースターとして使うと、
これがまた…かなり良かったです^^

ちなみに今回は「BD-2W」も同時に弾きました^^

BD-1W&SD-1W
BD-1W&SD-1W

「BD-2W」をブーストさせてみましたが、
従来の「SD-1」をブーストさせた時よりも、
かなり良い感じ、リードトーンが得られました^^

正にこのPVの1:56からの感じですね^^

しかしこのPVを見れば…
レビューしなくても良いかな…と思っちゃいました^^;

ボリュームへの追従性について

この点を気にしている少ないかもしれませんが
個人的に期待していたのがココです。

例えばボリュームを絞った時でも、
従来のSD-1と違い、音がこもらずクリーンになるか?

今回ディスクリート回路に変更されたことで、
どうなるか楽しみにしていました^^

…で、ゲインコントロール自体は可能、
ピッキングへの追従性は良かったです^^

うーん、、しかし残念ながら…
SD-1らしく(笑)ボリュームを絞っても音はこもる…

綺麗なクリーンにはなりませんでした^^;

コレ一台、踏みっぱなしで使うとなると…
僕の好みとは違いました^^;

まとめ!もし僕が「SD-1W」を使うなら…

僕の場合、ブースターとして、
この「SD-1W」は使ってみたいなとは思いました♪

特に「C」モードはかなり太く、
同時に歪み量と音量も稼げますからね^^

今使っているアンプ、エフェクターを
ガツンと歪ませたいブースターをお探しの方にはおススメです♪

サウンドハウス

管理・運営者
この記事を書いた人
efmania

今まで試したエフェクターは500台以上。「魔法の箱研究所」所長である「efmania」が実際に試した楽器機材(エフェクター・ギター・アンプetc)のみ紹介、レビュー。Effector Bookへの寄稿、ペダルブランド、メーカーからの機材レビューも担当。

efmaniaをフォローする
魔法の箱研究所 YouTubeチャンネル

当サイトでレビューし切れていない機材も、YouTubeに動画レビューとして随時アップしています!

是非、チャンネル登録をお願いいたします(^^)/

Over Drive
魔法の箱研究所 – エフェクターレビューサイト

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました